北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

10月完成へ工事急ピッチ 早来地区に建設中の小中一貫新校舎

安平町が胆振東部地震からの「復興のシンボル」として掲げる早来中学校と、老朽化した早来小学校を一体化した新たな校舎の建設が10月の完成を目指して、急ピッチで進んでいる。町教育委員会は今年度中に全体工事の3割強程度の完了を見込んでおり、現時点での進捗(しんちょく)状況はおおむね順調。2023年度に誕生する小中一貫の義務教育学校の開校と並行して準備に余念がない。

新たにできる学校の教室のイメージ=安平町教育委員会提供

 町内では18年9月に発生した地震により、高台にあった早来中の校舎の壁に亀裂が入ったほか、体育館やグラウンドが使えなくなり、入学式や卒業式、体育祭などができない状態になった。震災から3年たった今も校舎はなく、在校生の中でも3年生はプレハブの仮設校舎で3年間を過ごした。

 これを受けて町は「元に戻すだけではなく、前よりも良い学校をつくる」と老朽化した早来小と一体化した新校舎の建設を掲げ、義務教育学校にする方向にかじを切った。

 新校舎の建設は、現早来小の隣接地で昨年7月に着工。校内の教室は自由にレイアウトできるように従来より広いスペースを確保しているほか、ホームルームの教室とは別に教科ごとに教室を用意する。図書室は町民にも開放。音楽室(スタジオ)や美術室(アトリエ)、家庭科室(キッチン)、イベント会場としても使用できるアリーナは、学校と地域が共用できる環境として整備する。

 新校舎は今年の10月に完成した後、早来小、中学校の児童、生徒が既存の校舎から引っ越し、来年1月の3学期に新校舎で学校生活を迎える予定。4月からは安平、遠浅両小学校も含めた早来地区全体の義務教育学校として、スタートを切る。

 町教委は「まずは春に3年生になる生徒が、3学期だけでも新しい学校で過ごし、卒業式を迎えられるようにしてあげたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス