北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「山幸」ワイン番組海外に 町、HBCと連携【池田】

 十勝ワインの魅力を世界に発信-。総務省の「映像コンテンツを活用した地域情報発信調査事業」で、対象自治体に池田町が全国の町村で唯一選ばれた。13、14の両日には町と北海道放送(HBC)が連携し、町内で映像を撮影。国際ブドウ・ワイン機構(OIV)に品種登録された町独自のブドウ品種「山幸」をメインに取り上げ、今後はプロモーション動画を通じてフランスやシンガポールにPRしていく。

ワイン城地下で行われたHBCの番組撮影。左はインタビューに応じる山岸係長

 同事業は、自治体とローカル放送局などが連携して地域の魅力を映像コンテンツとして広く発信する取り組み。総務省の委託を受けた三菱総合研究所(東京)が対象自治体を選定し、地元メディアの選定はオンラインによるプレゼンテーションでHBCに決まった。

 HBCは過去にも総務省の同様の事業に関わり、2019、20年と2年続けて道内各地域の魅力を題材とした番組を制作し、フランスで放映した実績がある。今回は山幸に焦点を当て、山幸の栽培やワインの製造現場のほか、フランスの映像制作会社の協力も得て、フランスの有名シェフであるアマンディーヌさんが山幸に合う料理などをPRする内容を予定している。

 HBCの撮影班5人が来町し、初日の13日はワイン城の屋上から池田の街並み、山幸を栽培しているワイン城近くの町営ほ場などを撮影し、町ブドウ・ブドウ酒研究所製造課醸造係兼品質管理係の山岸賢三係長へのインタビューも行った。2日目の14日は町千代田の町営ほ場などを巡り、ドローンも活用して撮影した。

 HBCによると、24分間の番組で、アマンディーヌさんの料理を中心に、池田で撮影した映像は5分程度を想定している。HBCの田中正人プロデューサーは「ワインの本場であるフランスで山幸というブドウ、そして山幸を使ったワインを認知してもらい、ブランド価値が向上すれば」とし、同研究所営業課営業係兼総務係の今井秀敏主査は「山幸の魅力をシンガポールにPRしていきたい」と抱負を語る。

 事業は2月末まで。同月上旬に番組の制作が完了し、フランスで配信後、シンガポールなど東南アジアで放映される予定。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...