北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

携帯トイレ4割持参せず 登山口配布 トムラウシ山【新得】

プロジェクトの一環で設置した携帯トイレ配布ボックス(昨年7月)

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の「トイレ問題」改善に向けて活動する、道などの「トムラウシ南沼汚名返上プロジェクト」は、登山者に対するアンケート結果をまとめた。携帯トイレを持参していない登山者は全体の約4割にのぼり、その理由は「日帰り」が大半を占めた。事務局の十勝総合振興局は、「引き続き、山のトイレ問題解決に向けた取り組みを進めたい」としている。

 トムラウシ山では、登山者の排せつ物や使用済みティッシュペーパーが放置されている問題が表面化。道や環境省、地元の新得山岳会(小西則幸会長)などは2017年に同プロジェクトを始め、携帯トイレ普及啓発などに取り組んでいる。

 本年度は、携帯トイレの実情を探る登山者アンケートや、携帯トイレ配布ボックス設置などの活動を展開。このうち、アンケートは昨年8月8日に登山者48人から聞き取った。携帯トイレの所持率は64%。意見・要望欄では「登山で携帯トイレを持ち歩くのは当たり前」と答える登山者もいたが、携帯トイレ所持数はわずか一つの登山者もみられたという。

 携帯トイレ配布ボックスは、「持参していない登山者が現地で入手できるように」と、短縮コース登山口に昨年7月9日から10月13日まで設置した。計190個が配布され、登山者から受け取った協力金(携帯トイレ1個500円)は計7万5781円が集まった。回収した携帯トイレは、登山者が持参した分も含めて1453個だった。

 アンケートや配布ボックスの設置活動などを受け、同局は「携帯トイレの認知度は高い水準で、これまでの普及啓発の成果」(環境生活課)とし、「活動から得られたデータをもとに、来年度以降も関係機関と連携し、山のトイレ問題解決に向けて取り組みたい」(同)とする。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...