北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

学校給食に地場産の魚、ホッケやサケ… 子どもたちの食育に

苫小牧市学校給食会は今月から、市内の小中学校で地場産の魚を使った給食を提供していく。苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)やマルトマ苫小牧卸売(西田浩一社長)の協力を得て、地元で水揚げされた新鮮なホッケやサケなどを年に数回、料理に取り入れ、子どもたちの食育を推進したい考えだ。

苫小牧で水揚げされたホッケを味わう生徒たち

 今月、稼働を開始した新しい市の第2学校給食共同調理場(美原町)は「第1調理場」(柳町)と同様、生の魚を焼いたり、蒸したり可能となったため広く児童、生徒に地元の魚を知り、味わってもらう機会を提供する。

 苫小牧漁協とマルトマ苫小牧卸売は、地場産魚介類を学校給食に定着させようと連携。利益度外視でほぼ原価で出荷し、札幌の加工業者に委託してメニュー化するという。

 これまでも水揚げ日本一の苫小牧産ホッキ貝を給食に使用してきたが今後は多く漁獲でき、安価なものも選んで提供してもらう。

 第1弾となるホッケは昨夏、漁獲量が前年の約10倍の豊漁となる一方、取引価格が低迷した経緯がある。漁協はホッケを急速冷凍して保管しており、1月は1トン程度を給食に活用する。業者が昆布しょうゆ焼き用に加工し、給食センターに納品する。

 漁協の赤澤一貴総務部長は「ホッケは鮮度を維持したまま冷凍保管していた。絶対においしい」と自信たっぷりで「子どもたちの魚離れを食い止めたい」と強調。西田社長も「地元のおいしい魚を知ってもらえる機会ができてありがたい。違う魚も提供していければ」と語る。

 中学校の3学期が始まった14日には13校で、「地場産ホッケの昆布しょうゆ焼き」が登場した。苫小牧東中学校の3年1組の教室では25人が、団子汁や小松菜ともやしのごまあえと共に味わった。原田夏希さん(15)は「魚は苦手な方だけど、苫小牧で取れたホッケだと思うとおいしく感じた。これからの給食も楽しみ」と話していた。

 地場産ホッケの昆布しょうゆ焼きは、2月にも小中学校の給食でお目見えする予定。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...