北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

ブッセと飴をPRする南社長

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。

 新たに商品化したのは、「ほっかいどうシマエナガのふわふわホワイトミルクブッセ」(5個入り、希望小売価格700円)と「しまえなが手造り飴(あめ)」(5個入り、同400円)=いずれも税別。

 ブッセは生地などに北海道産牛乳を使用。あめはシマエナガの金太郎あめを手作業で作り、1本ずつ棒を付けた。いずれも同社が企画し、道外の業者に製造を委託。ブッセは昨年12月、飴は同11月に完成させた。

 同社は1986年設立、「まりもの古里羊かん」の製造などで知られる。自社工場は和菓子製造が主力だが、約20年前からは取引先からの要望で洋菓子の企画・商品化にも取り組んでおり、豚丼クッキーなどユニーク商品もある。

 2代目の南社長(62)は「シマエナガはブームだが、道内土産菓子が少ないとの声に応えた。今後も市場ニーズに応じ、地域の特産品開発をサポートしたい」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

ハピまん脚光 Yahoo!ショッピング中華まん部門1位に【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営する食品スーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7)が販売する「ハピまん」が18日、Yahoo!ショッピングの検索キーワード「中華まん」でランキング1位を獲得...

十勝毎日新聞

高級レストラン展開「ひらまつ」8月に十勝フェア【京都】

 全国で高級レストランなどを展開する「ひらまつ」(本社東京)は、京都府内の4店で十勝産食材を使ったフェアを8月に企画している。メニューに使用する食材は市町村名や生産者名まで表記する予定で、食の宝庫...

十勝毎日新聞

生黒ごまソフト食べて 市内に十勝初の専門店「クリム」【帯広】

 十勝初の生黒ごまソフトクリーム専門店「K.L.I.M(クリム)帯広店」が、健康をテーマとした帯広市内の複合施設「omoto」(西2南18)内にオープンした。同施設を運営する一般社団法人看しずく...

十勝毎日新聞

キッチンカー18台、多彩な食 2年ぶり「ビレッジ」【帯広】

 多彩な食のキッチンカーが一堂に集まるイベント「Tokachi Food Truck Village(トカチ・フード・トラック・ビレッジ)」が15日、帯広市内の駅北多目的広場で開かれた。18店...

十勝毎日新聞

スモモ入りブランデー「フロイデ」25年ぶり復活【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)は、香川県小豆島産のスモモを使った十勝ブランデー「フロイデ」を25年ぶりに商品化し、4月28日から限定販売している。  1992年に発売、97年2...