北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

夜の十勝 新たな観光 ポロシリでモニターツアー【帯広】

 北海道観光振興機構(小磯修二会長)は18、19の両日、帯広市内の十勝ポロシリキャンプフィールドで夜間の新たな観光需要を発掘する「ナイトタイムエコノミー拡大促進モニターツアー」を実施した。アメリカを含む十勝管外出身の3人が、十勝の豪華食材や、スノーシューを使った散策などを楽しんだ。

スノーシューで散策し、丘の頂上でマシュマロや小豆ミルク、星空を楽しんだ参加者

 同機構は、訪日外国人に対する旅行消費の拡大や長期滞在につなげる要素として夜の時間を有意義に過ごす「ナイトタイムエコノミー」に着目。今年度はコロナ禍の影響で外国人のモニターツアーが制限されているため、日本人向けにもツアー参加を呼び掛けた。

 帯広のほか、オホーツク管内遠軽町、小樽市の3地区でツアーを実施。各地区ではまだ商品化に至っていない内容を中心に構成し、ツアー参加者に価格や内容面の意見を聞いている。

 帯広のツアーには、千歳市、札幌市、アメリカ出身の男女3人が参加。19日夕にスノーシューを履いて、十勝ポロシリキャンプフィールド付近に広がる八千代公共育成牧場の敷地内を散策。誰も踏み入れていない新雪の上を進み、小高い丘の頂上で温かい小豆ミルクやガイドによる星空の解説を楽しんだ。

 夕食は、キャンプ場内のテントで芽室町を中心とした十勝食材のコースを堪能。十勝のビールやワインのほか、ラクレットチーズを掛けたジャガイモやとかちマッシュ、広尾町産のメンメなどが入った海鮮鍋が提供された。

 アメリカ出身で群馬県伊勢崎市在住のピーター・ペインさん(53)=会社役員=は「左右を見ても誰も踏みしめていない雪の中を歩いた経験は新鮮。シーズン別に何度も来てみたいと感じた」と語った。同機構地域観光部の嵯峨山真部長は「魅力的なツアーで一定数の需要があると感じた。今後はオンラインセミナーの事例発表などを通じて、事業者に実際の商品化を呼び掛けたい」と述べた。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...