北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月稼働目指す

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約100億円。今年7月の着工、2024年5月の稼働開始を目指しており、道や苫小牧市の関係者は歓迎の声を上げている。

 同社は株式会社苫東から苫小牧市柏原8・1ヘクタールを取得。医療機器分野で米国や中国などの需要拡大を見据えており、苫小牧進出の理由を同社IR・広報部は「空港や港が近い物流の要衝で、グローバルに展開することができる。各種インフラも整備された日本有数の工業団地」と説明する。

 苫東では血液を浄化する療法に使う装置、血中悪玉コレステロールの浄化器「リポソーバー」、重症化した閉塞性動脈硬化症に対する「レオカーナ」などの製造を計画。同社は「製造プロセスの自動化、高度化による生産性の高いスマート工場とする」と話す。

 また、同社が製造する産業用太陽電池も設置し、脱炭素社会の実現に貢献する。建設する工場や新規雇用の規模は現時点では未公表だが、医療以外の事業拠点としても積極的に活用する方針で、「工場新設による供給基盤の確保で飛躍的な事業拡大を図る」と力を込める。

 世界につながる生産拠点の誕生に、鈴木直道知事は「道として取り組んできた健康長寿産業の集積に大いに弾みがつく。本道経済のけん引を期待している」などとコメント。岩倉博文市長も「新たな雇用の創出や地場企業の発展など、本市の経済振興にも大きく寄与する。地域に根付いた将来的な事業展開に大変期待している」などとコメントを出した。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...