北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

直営総菜店2月1日開設 新鮮食材手軽に 卸売市場【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)は2月1日、敷地内にある食品関連センター内に、初の直営総菜店「一鱗(いちりん)」を開設する。さばきたての鮮魚など市場内の旬の食材を使い、手作りを基本に弁当などを販売していく。

さばきたてのアジのフライや海鮮丼などをPRする(左から)遠藤課長補佐、鎌田さん、太田取締役

 同センター内では地元の事業者がテナントで長年、かまぼこ類や弁当などを販売してきたが、昨年秋に事業が終了し退店。同市場はセンター内に鮮魚や青果などの直営店を持ち、「食材のおいしさを手軽な総菜などを通じ、効果的にPRしたい」(遠藤祐紀・関連センター部鮮魚課長補佐)と以前から考えていた。

 調理は市内食品店の総菜売り場で25年ほど腕を振るってきた鎌田ひとみさん(59)が担当。直営鮮魚店の旬の魚介類を使ったフライや煮物、海鮮丼(日数量限定)、「ファンが多い」(太田茂夫取締役)塩ニンニクから揚げのほか、特製スパイシーカレーなど日替わり弁当3、4種を用意。価格は200円台から800円台までの予定。

 同センターは一般の利用も可能。今年度の売上高が前年比1割増など好調に推移し、太田取締役は「プロの目利きが売り。旬の食材などの販売促進にもつなげたい」と力説する。鎌田さんも「基本的に冷凍品は使わず、お母さんが作るおかずを目指す。横でさばいてすぐに揚げたアジフライなどはふんわり、本当においしい」とPRしている。

 営業時間は午前6時~午後2時半。

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...