北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

港南中制服が男女共通のブレザーに 心と体の性不一致に配慮【留萌】

令和4年度から導入される男女共通のブレザータイプの制服

 留萌市内の港南中学校(池田和人校長)は、令和4年度から男女共通のブレザータイプの制服を導入することを決めた。性別に関わらず、生徒がズボン、スカートなどを自由に選ぶことができる「ジェンダーレス」な組み合わせが特徴だ。

 制服を自由に選べる学校は全国で徐々に増えている。留萌管内では、留萌高校も心と体の性が一致しないトランスジェンダーの生徒への配慮として、生徒がスカートかスラックスを自由に選べるようになっている。

 港南中ではこれまで、男子が詰め襟(学ラン)にズボン、女子はブレザーにスカートを着用。中学校の学ランの使用が認められた高校に入学する場合、学校規定のボタンに付け替えるだけで、入学先でも同じ制服を着ることができた。

 同校では、約2年前から新たな制服の導入を検討。トランスジェンダーの生徒への配慮、多くの中学生が進学する留萌高校が、平成30年4月の留萌千望高校との再編統合を機に、ブレザーを採用したことを踏まえ、男女共通のブレザーにすることにした。

 新たに導入する制服は紺色。ジャケットの左胸元には、学校名と留萌の波をイメージした、4本の青色の線が入ったエンブレムを載せている。生徒はスカートかスラックス、首元はネクタイかリボンを自由に選ぶことができる。現在同校に在籍している1、2年生は新旧どちらの制服を着用してもかまわない。

 新制服は、素材や値段などを含め、制服メーカー数社から提案を受けた案を同校教職員が四つに厳選。その後、PTAの懇談会などで提言したほか、生徒による投票で最終的なデザインを昨年10月ごろに決定した。

 今月上旬に入学予定者の保護者にオンラインで制服のお披露目を実施。在校生にも見てもらったところ、デザインや機能性について一定の評価を得ることができたという。

 ブレザータイプの制服導入について、池田校長は「新制服導入を契機に、さらなる『活気あふれる爽やかな学校』を目指していきたい」と話している。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス