北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ほっとマグ10月から 期間を延長【帯広】

今年のニューマグカップを手にイベントをPRする(左から)藤本社長、細川実行委員長。右は金澤和彦アートディレクター

 共通オリジナルマグカップで参加各店が温かい飲み物を提供し、帯広のまちなか活性化を図る「OBIHIROほっとマグフェスタ」の今年度の開催概要が固まった。例年より2カ月以上前倒しして10月1日にスタートするほか、まちなかへの人の回遊を促そうと期間中、今年度のマグデザインを担当した彫刻家相原正美さん(帯広)の巡回展を初めて企画した。

 同イベントは、まちづくり元気おびひろ(帯広、藤本長章社長)を核とした実行委員会(細川吉博委員長)が主催し、2010年に始まった。参加店は、毎年変わる「イヤーズマグカップ」にホットドリンクを入れて提供。マグ(客の買い取り、販売のみも可)は持ち帰りでき、参加店に持参すると繰り返し使える。毎回1000~1500個ほどが売れ、昨年度は54店が参加した。

 これまでは12月のクリスマス前後に始まることが多く、期間が固定されていなかったが、市民に一層の浸透を図りたいと、今年度はスタート日を前倒しする。期間は例年通り、来年3月末まで。

 今年度のマグは「冬の朝、心の箱から」をコンセプトに、抽象的で淡い色調のイラストをデザイン。販売価格は昨年より1割アップの1個700円。相原さんの作品展は藤丸や日曜喫茶館などで10月から開催。またマグカップPRイベントを藤丸で12月24、25日に行うほか、おびひろ氷まつり会場でも実施する。

 現在、参加店を募集中。藤丸やJR帯広駅内のキヨスクなどでは10月1日に提供を始める予定。参加店情報は近く、SNSなどで発信する予定。実行委は27日午前、帯広経済センタービルで会見を開き、細川委員長は「まちなかのにぎわいにつながるイベントに育てたい」と話した。問い合わせは事務局(0155・26・0116)へ。

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...