北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

乙部の土砂崩れ、山側トンネル案で復旧へ 短絡路は4月開通【札幌、乙部】

通行止めが続く乙部町館浦地区の国道229号(昨年6月)

 【札幌、乙部】土砂崩れで通行止めが続く乙部町館浦地区の国道229号について、函館開発建設部は14日、札幌市内で有識者による検討会を開き、山側に別線トンネルを掘削する案が妥当との考えを取りまとめた。

 有識者検討会は、土木工学の専門家5人で構成する斜面対策技術検討会(座長・蟹江俊仁北大大学院教授)。函館開建が昨年12月の同検討会で提示した5つの恒久案についてあらためて議論し、「山側トンネル案」が妥当として一致した。海側架橋など他の案に比べて景観への影響が少ない上、事業期間や事業費面でも他の案よりも有利だった。

 同案は土砂崩れの恐れのある崖と土石流の影響を受ける可能性のある谷をトンネルで回避するもの。崖の途中にある谷をはさみ、現在の館の岬トンネルの江差側出口の途中から山側に分岐するトンネルと、乙部町鳥山の既存ルートに接続するトンネル(いずれも長さ約800メートル)を設ける。工期は7~10年、事業費は約140~190億円を見込む。

 国道229号館浦地区では昨年6月から通行止めが続き、町民らは迂回(うかい)ルート(17・4キロ)の利用を強いられている。普通車、緊急車専用の短縮ルートを確保しようと、乙部町道館浦鳥山線を活用した応急復旧短絡路(3・1キロ)の工事が進められており、乙部町は4月の開通を目指す。

 同部は検討会の結論を受け「今後、国会による審議を経て(新ルート工事が)予算化されれば、早い時期に事業に着手したい」としている。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス