北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

この時期に味わえる生酒・特別純米「名寄彗星」数量限定販売【名寄】

風連産酒米「彗星」を使った特別純米「名寄彗星」生酒

 名寄市風連産の酒米「彗星」を100%使用した特別純米「名寄彗星」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒造株式会社)が、2日から市内各小売店で発売。販売は今年で4年目となり、「名寄彗星」を卸している株式会社丸徳木賀商店(木賀義友社長)では「生酒はこの時期でしか味わえないもの。その年によって味が変わる」とPRしている。

 原料となる酒米「彗星」は、市内風連町瑞生で米農家を営んでいる今村芳彦さんが2018年から栽培している。地域の基幹産業である農業の新たな可能性を発掘したい―と、翌19年から上川大雪酒造(上川町旭町)が「彗星」を使った特別純米酒を製造。木賀商店をはじめ、道の駅「もち米の里☆なよろ」、西條名寄店、市内各小売店で販売し、好評を得ている。

 同商店によると、昨年までは年1回の仕込み、販売だったが、今年は2回となり、今回が1回目の仕込み、販売となる。今村さんによると、昨年も酒米の出来は上々だったとのこと。

 特別純米「名寄彗星」は精米歩合60%、アルコール度数16度。フレッシュで爽やかな味わいが特徴だ。「生酒」は数量限定となっており、1本720ミリリットル入りで1760円(税込み)。要冷蔵。

 今年で4年目となり、知名度も向上。木賀商店では「市外の方から名寄のお酒があると聞いた―という問い合わせをいただいている。名寄市内限定販売のため、地方からお店に来てくださる方も多い」と語る。今回も木賀商店、道の駅なよろ、西條名寄店、市内各小売店で取り扱っている。

 同商店によると、ゴールデンウイーク明けに火入れした特別純米「名寄彗星」を販売予定。

関連記事

十勝毎日新聞

“スタミナギフト”「肉丼」開発 物産協会と東洋食肉販売【帯広】

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

十勝毎日新聞

旭山学園自慢の十割そば 17日そば店開店【清水】

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

十勝毎日新聞

無農薬ワイン 今年も完成 「赤」2種新登場 あいざわ農園【帯広】

 あいざわ農園合同会社(帯広市以平町西9線21、相澤一郎代表)は、自社農園で無農薬栽培した2021年産ブドウを使って自家醸造したワインをこのほど完成させた。今年は新たに赤ワイン2種が加わり、ロゼワ...

十勝毎日新聞

最高賞に白樺ジンギスカン 創業65年の味 評価に喜び【帯広】

 味付け羊肉の需要拡大を目的とした初の「味付ジンギスカングランプリ」で、最高賞のグランプリに有限会社白樺(帯広市)の「白樺ジンギスカン」が選ばれた。全国から集まった68商品からの選出に、同社の酒井...

十勝毎日新聞

レトルトカレー 全国の50種並ぶ 宮脇書店で「ミュージアム」【帯広】

 50種類を超えるレトルトカレーを集めた「RETORT CURRY MUSEUM(レトルトカレーミュージアム)」が、市内のイトーヨーカドー帯広店2階の宮脇書店帯広店内で開催されている。本に形が似...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス