北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ハンバーグ丸ごと有機 鈴木牧場、ネット販売【広尾】

 広尾町紋別の鈴木牧場は、JAS(日本農林規格)の有機認証を得て生産する牛肉をはじめ材料のすべてがオーガニックの冷凍ハンバーグを、ネットを中心に販売している。商品は「十勝ブランド」にも認証され、五つ星の評価を受けた。経営する鈴木敏文さん(39)は「オーガニック食品を身近に感じてほしい」と話している。

材料すべてがオーガニックの冷凍ハンバーグを手にする鈴木さん(中央。後列左から次男の啓太君、妻のなつきさん、長男の聡太君、三男の陽太ちゃん)

 鈴木牧場は国内では初めて、生産する生乳、牛肉、鶏卵の3項目でJAS有機認証を取得。輸入飼料は使わず、牛ふん堆肥で育てた牧草のみを家畜に与えている。「生産から流通まで安心なのがオーガニック」と言い、循環型酪農も実践している。

 ハンバーグに使用しているのは、同牧場のブランド牛「オーガニックグラスフェットビーフ」(有機牧草を与えた牛肉の意味、ホルスタイン雄)。高タンパクで、赤身のうま味を引き出しているのが特長となっている。

 この他、十勝産の有機タマネギと有機塩こうじを使用し、黒こしょうも有機という徹底ぶり。加工はオーガニックにも理解が深い札幌の企業に委託した。

 鈴木さんは「オーガニックは地球上の生物の幸せが続くシステムなのだと思い、取り組んでいる。一人でも多く賛同者の輪が広がればうれしい。(商品を通じて)子どもたちにもオーガニックを感じてもらえたら」と話している。

 ハンバーグは1個150グラム、1200円(税込み)。2個、4個、6個、12個入りで販売している(送料別)。注文は専用のネットサイトで。広尾町内のAコープ・サンタ村では単品で販売している。

関連記事

十勝毎日新聞

“スタミナギフト”「肉丼」開発 物産協会と東洋食肉販売【帯広】

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

十勝毎日新聞

旭山学園自慢の十割そば 17日そば店開店【清水】

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

十勝毎日新聞

無農薬ワイン 今年も完成 「赤」2種新登場 あいざわ農園【帯広】

 あいざわ農園合同会社(帯広市以平町西9線21、相澤一郎代表)は、自社農園で無農薬栽培した2021年産ブドウを使って自家醸造したワインをこのほど完成させた。今年は新たに赤ワイン2種が加わり、ロゼワ...

十勝毎日新聞

最高賞に白樺ジンギスカン 創業65年の味 評価に喜び【帯広】

 味付け羊肉の需要拡大を目的とした初の「味付ジンギスカングランプリ」で、最高賞のグランプリに有限会社白樺(帯広市)の「白樺ジンギスカン」が選ばれた。全国から集まった68商品からの選出に、同社の酒井...

十勝毎日新聞

レトルトカレー 全国の50種並ぶ 宮脇書店で「ミュージアム」【帯広】

 50種類を超えるレトルトカレーを集めた「RETORT CURRY MUSEUM(レトルトカレーミュージアム)」が、市内のイトーヨーカドー帯広店2階の宮脇書店帯広店内で開催されている。本に形が似...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス