北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

増毛の果樹園でリンゴの収穫始まる

「つがる」の収穫を行われている町暑寒沢の山口果樹園

 増毛町内暑寒沢の果樹園では、早生品種のリンゴ「つがる」などが収穫期を迎えている。果樹園の直売所には「秋の味覚」を買い求める観光客の姿が見られる。

 町内でリンゴを栽培する果樹農家は約30戸で作付面積は約40ヘクタール。約30種類を栽培している。山口果樹園(山口利幸代表)では、20日から本格的に「つがる」の収穫が始まった。山口代表と2人で果樹栽培をしている長男の亮さん(32)は「8月末に寒暖の差が大きい日が続いたことが、リンゴの着色や糖度に好影響を与え、今年の出来はおおむね良好。18日に台風が来ると聞いて早もぎしたものもあったが、心配していた落果も思ったより少なく、1割ほどで済んだのでほっとしている」と話している。

 リンゴは各果樹園の直売所で販売しているほか、JA南るもい増毛支所を通じて札幌市や旭川市などに出荷される。また、同果樹園の「増毛フルーツ工房 果凜」など、果樹園直営加工施設でジュースやアイス、パンの材料としても使用される。

 町内の果樹園では10月から「レッドゴールド」、「紅将軍」、「ふじ」などが次々と収穫期を迎え、11月上旬まで収穫が続く見込みだ。

関連記事

函館新聞

初年度相談件数242件/「函館・道南サート」専用窓口【函館】

 性暴力被害に遭った人を救援支援する性暴力被害対応チーム「函館・道南SART(サート)」で、函館市が新設した専用窓口に寄せられた相談件数が2018年度242件に上ることが分かった。委託先のNPO...

函館新聞

朝市にミニ水族館 7月から/「はこだて海の教室」【函館】

 函館朝市に近海を模したミニ水族館が出現―。はこだて海の教室実行委(会長・菅原雅仁十字屋社長)は7月15日から、函館朝市えきに市場「いか釣堀広場」に大型水槽4基を設置する。子どもに国内屈指の「海の...

釧路新聞

「海洋パイオニアスクール」高校生が藻場学習【標津】

標津町立標津高校(中川雅司校長、149人)は22日、町海の公園で2019年度「海洋教育パイオニアスクール」として生物の授業で藻場学習を行い、生徒は海草や藻場に生息する生物について理解を深めた。同ス...

釧路新聞

阿寒湖で観察会 児童がマリモの生態学ぶ【釧路】

 NPO法人阿寒湖のマリモ保護会などが主催する、国の特別天然記念物マリモの観察会が22日、釧路市阿寒湖で開かれた。阿寒湖小(本川敬一校長・児童数56人)の6年生9人が、普段立ち入ることのできない生...

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...