北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

YOSAKOI 帯広競馬場でも 6月、3年ぶり開催【札幌】

14日に発表された第31回YOSAKOIソーラン祭りのポスターデザイン

 YOSAKOIソーラン祭り実行委員会は14日、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じた上で、6月8~12日に祭りを開催すると発表した。規模を縮小し、札幌市内の10会場を予定。新たに帯広市内の帯広競馬場もサテライト会場として加わる。例年の6~7割となる約200団体の参加を見込む。

 今年のテーマは「新たな時代の一歩」。「2年連続中止を踏まえ、これまでと違う形の祭りをつくっていく挑戦の年」(実行委)との思いを込めた。新型コロナ感染防止策として、沿道からの観覧は原則中止。観覧客と通行人の間には目隠し用の幕を設け密集を防ぐ。参加者には演舞時マスクの着用を求め、リフトなど体が触れ合う演出を禁止とする。また、例年用意されていた無料の観覧スペースは廃止し、有料販売とする。

 帯広競馬場では、12日午前10時~午後2時半の演舞を予定。今後、実行委のホームページで、YOSAKOIソーランチームや市民団体などから参加を募る。

 札幌市内で開かれた記者会見で、実行委の久保勝史事務局長は「中止を想定したが、30年間積み上げてきた文化の継承が難しくなる危機感があった。何とか開催できる状況をつくりたい」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

イベント満喫 3年ぶり つつじまつり【広尾】

 広尾つつじまつり(実行委員会主催)が22日午前10時から、広尾町の大丸山森林公園特設会場で開かれた。雨交じりの空模様にもかかわらず大勢の町民が来場し、ステージイベントや地元の食などを楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

春色に包まれて 3年ぶり菜の花観賞イベント【音更】

 音更町の黒田農場=下士幌48、黒田浩光さん(48)経営=は21、22、28、29の4日間、同農場(約50ヘクタール)の一角にある菜の花畑で観賞イベントを開く。コロナ禍の影響で3年ぶりにイベントを...

名寄新聞

旬のアスパラ直売メインに・29日になよろアスパラまつり【名寄】

 「2022なよろアスパラまつり」が、29日午前10時から「よろーな」駐車場で開かれる。今年は3年ぶりの会場開催となり、旬のアスパラの直売をメインに、さまざまなグルメのテイクアウト限定販売も行われ...

十勝毎日新聞

高級レストラン展開「ひらまつ」8月に十勝フェア【京都】

 全国で高級レストランなどを展開する「ひらまつ」(本社東京)は、京都府内の4店で十勝産食材を使ったフェアを8月に企画している。メニューに使用する食材は市町村名や生産者名まで表記する予定で、食の宝庫...

十勝毎日新聞

キッチンカー18台、多彩な食 2年ぶり「ビレッジ」【帯広】

 多彩な食のキッチンカーが一堂に集まるイベント「Tokachi Food Truck Village(トカチ・フード・トラック・ビレッジ)」が15日、帯広市内の駅北多目的広場で開かれた。18店...