北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

伝統的な建造物「守屋住宅」を再生 投資型CFで資金調達【函館】

飲食や物販の小規模テナント施設としての再生事業が進められている伝統的建造物「守屋住宅」

 函館市末広町14の伝統的建造物「守屋住宅」を改修し、小規模のテナント施設として活用するプロジェクトが進められている。神奈川県鎌倉市の不動産業「エンジョイワークス」(EW社、福田和則社長)が運営、実施している投資型クラウドファンディング(CF)で改修資金を調達。市民や函館の歴史的建物の保存に関心のある人たちに共感を広め、地域住民が日常的に活用する飲食、物販スペースへの再生につなげる。

 守屋住宅は1909(明治42)年完成の木造2階建ての和洋折衷住宅。同じ通りに面して同時期の建物が連続して並び、明治末の貴重な面影を残す。90年に伝建の指定から外れたが、古い建物の利活用に理解がある現在の所有者の意向で今年2月に再度、指定された。

 EW社は鎌倉や同県葉山町などで古い建物をシェアハウスやブックカフェ、宿泊施設などへと再生し、不動産仲介を通じた地域づくりを進める企業。不動産特定共同事業法に基づき運営するまちづくり参加型CF「ハロー!RENOVATION(リノベーション)」では、投資型ファンドで11件、約1・5億円を調達した実績がある。

 改修費用をファンド調達とすることで建物所有者は負担がなく、再生した遊休物件の利活用で地域には新たなコミュニティーが形成される。「まちづくりのための共感投資ファンド」と呼び、約半数はファンドの対象となった建物の地域住民が出資者となってきたといい、同社の彼末茂樹さんは「街の人のお金で、街のためになる事業を街の人と進めている」と説明する。

 守屋住宅のプロジェクトコンセプトは「函館の新規創業案内所」で「暮らしに寄り添い、西部地区で地元客向けの小商いを後押ししたい」とする。

 改修案のひとつは1階は6~16・2畳の4部屋、2階は8~16畳の3部屋を入居スペース、主屋の裏手にある別棟はアトリエ店舗(22畳)として活用。1階の道路側に飲食店、奥に物販店などの入居を想定し、土間などは共有スペースとする。設計段階から事業に参画できる仕組みも設けるという。

 西部地区の物件は専有面積が広く、家賃も高めといい、小規模賃貸借スペースの提供で、新たな出店ニーズを掘り起こす。彼末さんは「函館近郊の人に事業をやってもらいたい。テナント同士のコミュニティー形成も楽しんでもらう」と話す。物件を仲介した蒲生商事(函館)の蒲生寛之専務は旧市街への移住やUターンといった時機を得ているとし、「(テナントは)早い段階で埋まるのでは」と推測する。

 ファンドの募集金額は880万円。投資金額は5万円からで、想定利回りは年利5%、運用期間は4年間。募集期限は6月末で、順調に資金調達が進めば、7月着工、10月開業を目指し、並行して入居希望者への案内も進める。投資家特典として函館での伝建巡りなどを計画。詳細は(https://hello-renovation.jp/) へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...