北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コーン炒飯が冷凍食品に 「山盛り」再現20日発売【芽室】

 まちの特産品で冷凍食品を作り、全国に向けて販売するプロジェクトに、十勝で初めて芽室町のご当地グルメ「十勝芽室コーン炒飯(チャーハン)」が選ばれた。関係者らは20日の発売を前に「まだ食べたことがない人に届き、芽室に足を運ぶきっかけになれば」と期待を膨らませている。

冷凍食品の「十勝芽室コーン炒飯」をPRする高橋会長

 食のプロモーション会社「ブレナイ社」(札幌、野呂貴弘代表)が進める「北海道冷凍(COOL)ご当地お弁当プロジェクト」の一環で昨年末から開発していた。

 同プロジェクトは昨年開始。コロナ禍で消費が落ち込んでいる北海道米と道内各地の特産品を利用した冷凍タイプの弁当を作り、ふるさと納税の返礼品などに活用してもらう取り組み。これまで日高管内様似町や後志管内寿都町、根室管内別海町など道内5カ所の自治体の観光・物産事業者と同社が協力して弁当を製造、販売した。芽室町は6カ所目となる。

 冷凍のコーン炒飯は、町内の各飲食店と同様に芽室町産のスイートコーンと特製コーンバターを使用。米150グラムに対しコーンは50グラムで、炒飯の上をコーンが埋め尽くす見た目にもこだわり、忠実に再現した。

 18日には町内で報道や役場関係者に向けた試食会が行われた。十勝芽室コーン炒飯推進協議会の高橋広明会長(50)=レストランHiroオーナーシェフ=は「コーン炒飯は地元に足を運んでもらいたいという思いで作ってきた。芽室の味をそのまま自宅で楽しんでもらい、地元のPRにつなげたい」と話した。

 1個700円で、3個セットは2000円。20日からめむろーど1階(町本通1)の「めむろまちの駅」物販コーナーに並ぶ。町観光物産協会の通販「めむろセレクション」での販売を今後予定。5月中には町のふるさと納税返礼品にも追加される見込みだ。問い合わせはレストランHiro(0155・67・6400)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

“スタミナギフト”「肉丼」開発 物産協会と東洋食肉販売【帯広】

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

十勝毎日新聞

旭山学園自慢の十割そば 17日そば店開店【清水】

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

十勝毎日新聞

無農薬ワイン 今年も完成 「赤」2種新登場 あいざわ農園【帯広】

 あいざわ農園合同会社(帯広市以平町西9線21、相澤一郎代表)は、自社農園で無農薬栽培した2021年産ブドウを使って自家醸造したワインをこのほど完成させた。今年は新たに赤ワイン2種が加わり、ロゼワ...

十勝毎日新聞

最高賞に白樺ジンギスカン 創業65年の味 評価に喜び【帯広】

 味付け羊肉の需要拡大を目的とした初の「味付ジンギスカングランプリ」で、最高賞のグランプリに有限会社白樺(帯広市)の「白樺ジンギスカン」が選ばれた。全国から集まった68商品からの選出に、同社の酒井...

十勝毎日新聞

レトルトカレー 全国の50種並ぶ 宮脇書店で「ミュージアム」【帯広】

 50種類を超えるレトルトカレーを集めた「RETORT CURRY MUSEUM(レトルトカレーミュージアム)」が、市内のイトーヨーカドー帯広店2階の宮脇書店帯広店内で開催されている。本に形が似...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス