北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「レストラン野島さんち」ワイン完成 30日に村内で発売【中札内】

 中札内村の「ファームレストラン野島さんち」(新生東1線、野島利美代表)で育てたブドウを使ったワイン「Art de Champ 2021」が初めて完成した。野島さん(73)らが2016年からブドウの苗木を栽培し、昨年収穫に成功。30日から村内で販売を開始する。

ワインの完成を喜ぶ(左から)相澤さん、榊さん、野島さん、梶山さん

 野島さんは同年から「中札内村ワイン研究会」として、村産ワインの製造を計画した。自身が経営する野島農場に、池田町から買い付けた苗木を計500本ほど植え、同村在住の農業榊孝弘さん(52)と管理。ワインソムリエの資格を持つ元地域おこし協力隊の梶山千裕さん(34)も加わり、製品化を進めた。

 ブドウは実を付けるまで3年ほどかかり、春先に霜の被害を受けると収穫量も落ちる。当初の目標だった500リットルのたる1本分の生産はかなわなかったが、天候に気を配りながらの地道な栽培が実を結んだ。

 製造には帯広市内の「あいざわ農園」(以平町、相澤一郎代表)が協力し、同社のワイナリーで約30本のワインを製造。相澤さん(39)によると「スパイシーな香りで、酸味が強い。チーズやジンギスカン、鹿肉などのジビエにも合う」という。ラベルデザインには、梶山さんの夫・智大さんが、農場に降り積もる雪の上を歩いて描いた「スノーアート」の写真を採用した。

スノーアートの写真が使われたラベル

 18日にはワイナリーに野島さんら3人が訪れ、相澤さんとともにボトルにラベルを貼り、ろうで封をした。

 野島さんは「遊び心で始まった計画。少量だが自分で作ったワインはやっぱりおいしい。中札内のチーズと一緒に楽しんでもらいたい」と話した。

 1本750ミリリットル、5500円。ファーストヴィンテージは限定10本。村内のクッキーとワインの店「LE BLEU(ル・ブルー)」(元大正基線190)で販売するほか、レストランでの提供も予定している。

 問い合わせはル・ブルー(0155・67・6847)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

ハピまん脚光 Yahoo!ショッピング中華まん部門1位に【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営する食品スーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7)が販売する「ハピまん」が18日、Yahoo!ショッピングの検索キーワード「中華まん」でランキング1位を獲得...

十勝毎日新聞

高級レストラン展開「ひらまつ」8月に十勝フェア【京都】

 全国で高級レストランなどを展開する「ひらまつ」(本社東京)は、京都府内の4店で十勝産食材を使ったフェアを8月に企画している。メニューに使用する食材は市町村名や生産者名まで表記する予定で、食の宝庫...

十勝毎日新聞

生黒ごまソフト食べて 市内に十勝初の専門店「クリム」【帯広】

 十勝初の生黒ごまソフトクリーム専門店「K.L.I.M(クリム)帯広店」が、健康をテーマとした帯広市内の複合施設「omoto」(西2南18)内にオープンした。同施設を運営する一般社団法人看しずく...

十勝毎日新聞

キッチンカー18台、多彩な食 2年ぶり「ビレッジ」【帯広】

 多彩な食のキッチンカーが一堂に集まるイベント「Tokachi Food Truck Village(トカチ・フード・トラック・ビレッジ)」が15日、帯広市内の駅北多目的広場で開かれた。18店...

十勝毎日新聞

スモモ入りブランデー「フロイデ」25年ぶり復活【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)は、香川県小豆島産のスモモを使った十勝ブランデー「フロイデ」を25年ぶりに商品化し、4月28日から限定販売している。  1992年に発売、97年2...