北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ダム熟成コーヒー濃厚 開業のカフェ、豆販売も【中札内】

 札内川ダム(中札内村南札内)で短期熟成したコーヒー豆の販売が、27日にオープンした村内のカフェ「ハレノヒ珈琲店」(東2北7)で始まった。豆の販売だけでなく、店内で提供するコーヒーやスイーツなどにも利用し、目玉商品として売り出す考えだ。

熟成豆のドリップコーヒーを試飲する森田村長と藤村さん(右)

 同店は、村に移住した藤村香織さん(43)が、「日常をハレの日に」をコンセプトにコーヒー専門店として開業。生豆は2度洗ってつけ置きし、天日干しすることで、すっきりとした味わいを目指した。自家焙煎(ばいせん)にもこだわるなど手間を惜しまないのが特徴だ。

 札内川ダムには焙煎後の豆を持ち込み、2週間ほど短期熟成。「札内川ダムトンネルの熟成豆ブレンド」と名付け、店内で提供する。深煎りだが苦みはなく、濃厚な甘みと巨峰やカシスのような香りが特徴。藤村さんは「水出しコーヒーはブランデーのような風味が出た。想像以上においしい」と太鼓判を押す。

 ダムを管理する帯広開発建設部帯広河川事務所によると、札内川ダムで熟成したコーヒー豆の販売は同店が初めてとなる。

札内川ダム内の通路で貯蔵したコーヒー豆を使用している

 オープン前日の26日には、森田匡彦村長や同事務所の須賀可人所長ら関係者が訪れ、コーヒーを試飲した。森田村長は「香りが高く、深みのある味わい。札内川の水を使ってコーヒーを出していただけるのもうれしい」と喜んだ。

 豆は100グラム1100円、250グラム2400円、500グラム5150円で販売。ハンドドリップコーヒーは680円、水出しは限定15杯、同価格で提供する。熟成豆を使用したティラミスなどのスイーツも用意している。

 午前10時~午後6時。月曜定休。

関連記事

十勝毎日新聞

ハピまん脚光 Yahoo!ショッピング中華まん部門1位に【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営する食品スーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7)が販売する「ハピまん」が18日、Yahoo!ショッピングの検索キーワード「中華まん」でランキング1位を獲得...

十勝毎日新聞

高級レストラン展開「ひらまつ」8月に十勝フェア【京都】

 全国で高級レストランなどを展開する「ひらまつ」(本社東京)は、京都府内の4店で十勝産食材を使ったフェアを8月に企画している。メニューに使用する食材は市町村名や生産者名まで表記する予定で、食の宝庫...

十勝毎日新聞

生黒ごまソフト食べて 市内に十勝初の専門店「クリム」【帯広】

 十勝初の生黒ごまソフトクリーム専門店「K.L.I.M(クリム)帯広店」が、健康をテーマとした帯広市内の複合施設「omoto」(西2南18)内にオープンした。同施設を運営する一般社団法人看しずく...

十勝毎日新聞

キッチンカー18台、多彩な食 2年ぶり「ビレッジ」【帯広】

 多彩な食のキッチンカーが一堂に集まるイベント「Tokachi Food Truck Village(トカチ・フード・トラック・ビレッジ)」が15日、帯広市内の駅北多目的広場で開かれた。18店...

十勝毎日新聞

スモモ入りブランデー「フロイデ」25年ぶり復活【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)は、香川県小豆島産のスモモを使った十勝ブランデー「フロイデ」を25年ぶりに商品化し、4月28日から限定販売している。  1992年に発売、97年2...