北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

襟裳観光がにぎわう【えりも】

襟裳岬の雄大な景観を楽しむ観光客

【えりも】大型連休が後半を迎えた3日、襟裳岬は3年ぶりに観光客でにぎわいを見せた。正午ころの駐車場は、札幌・帯広ナンバーを主体に100台以上が埋めた。

 この日、晴天で干潮時の岩礁帯には、西からの風で白波が磯に砕け散って絶好のロケーション。

 札幌市から小学生2人の子どもを連れて訪れた新保信也さん(35)は「移動の自粛が解かれたので、久しぶりのドライブです。襟裳岬の雄大な景色を子どもたちに見せてあげれて良かった。浦河の桜並木を見て、温泉に入ってから帰ります」と話していた。

  ◇  ◇  ◇

【えりも】大型連休後半の町営レストラン「森と湖の里・ふれ愛館」は多くの観光客が訪れ、人気を博した。

 同ふれ愛館は、 旧目黒小・中校舎を一部改装して、目黒山中の豊似湖周遊時と紅葉のヘリコプター湖上遊覧飛行発着点の休憩場としても活用されている。今年は4月18日にオープン。大型連休中は休まずに営業した。

 5日は、晴天の連休最終日とあって帯広市から職場の同僚7人で襟裳岬観光への途中に立ち寄った佐賀雅人さん(31)は「国道沿いに営業中の旗を見て立ち寄りました。7品目のメニューをそれぞれが味わったが、全員が美味しいと満足した」と話していた。

 同館の定休は毎週火・水、メイン定食800円(税込)のほか、サイドメニューは、サケおにぎり、フライドポテトなど7品目、コーヒーやソフトドリンクも揃えている。

 ふれ愛館利用の問い合わせは、町役場産業振興課(☎01466・2・4624)へ。

えりものレストランで休憩をとる観光客

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...