北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

全国工場夜景カード第3弾 室蘭バージョンは白鳥大橋のコラボ【室蘭】

白鳥大橋と工場群を捉えた室蘭の工場夜景カード

2000枚限定 観光協会で配布

 室蘭市など全国12都市が加盟する全国工場夜景都市協議会は、各地の名所を収録した工場夜景カード第3弾を作った。室蘭バージョンは、工場群の明かりと白鳥大橋のコラボレーションで、4月20日から室蘭観光協会(海岸町)などで配布している。今年は10年ぶりに室蘭で全国工場夜景サミットが行われることから、注目を一段と集めそうだ

 協議会は、工場夜景を地域資源として観光振興に取り組んでいる室蘭市のほか、神奈川県川崎市、三重県四日市市、福岡県北九州市、山口県周南市、兵庫県尼崎市、静岡県富士市、千葉県千葉市、大阪府堺市、大阪府高石市、千葉県市原市、愛知県東海市の12都市で構成。

 夜景カードは、各地が連携して工場夜景の知名度向上、PRを図る取り組みの一環。各自治体ごとに特徴的な景色を、表面に記している。

 室蘭のカードは、白鳥大橋と室蘭の工場群をドローンで撮影した写真。工場の明かりが全面的に輝き、立ち上る煙が幻想的な空間を演出。遠くで光る白鳥大橋のライトアップも際立つ光景に一役買っている。

 裏面には、夜景の見どころや主な観覧場所、人口や特産品、グルメ、イベント、ご当地キャラクターといったまちの基本情報を記している。

 一言で工場夜景と捉えても、他市のカードのデザインはさまざま。室蘭と同様の全景写真のほか、カメラを下から上に構えて見上げるような構図、駅内を進む列車と煙突群の“コラボ”など、創意工夫を凝らしたカードに仕上がっている。

 6・3センチ×8・8センチサイズ。両面カラーで2千枚作った。観光協会と市観光課の窓口で配布する。1人1枚。なくなり次第終了。

 観光協会の仲嶋憲一事務局長は「今年は全国工場夜景サミットも行われる予定。今まで以上に室蘭夜景が注目されるので、積極的に発信していきたい」としている。

 問い合わせは観光協会、電話0143・23局0102番へ。 

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...