北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ナガイモ 大きくなーれ 川西小児童が植え付け【帯広】

種イモを一つ一つ丁寧に植えた児童

 帯広川西小学校(菅沼真弓校長、児童226人)の農園で9日、川西地区名産のナガイモの植え付けが行われた。子どもたちは時折舞う砂ぼこりにも負けず、約1350個の種イモを植え付けた。

 食育授業の一環で全校児童が参加。コロナ感染対策で2、4、6年生と1、3、5年生で作業時間をずらした。児童会長の男子児童(6年生)が「おいしいナガイモが作れるように心を込めて植えましょう」とあいさつ。児童は種イモの芽が上を向くよう気を付けながら16センチ間隔で畝に並べ、上から土をかぶせた。この日はジャガイモの種イモ約600個も植え付けた。

 女子児童(6年)は「久しぶりの作業は疲れたが楽しい。収穫も頑張りたい」と秋の作業に向けて意気込んだ。

 今後、児童やPTAで草取りなど畑の管理を行い、10月末ごろに収穫する予定。収穫したナガイモは保護者への販売もあり、収益はスキーなどの教育活動に還元する。

関連記事

函館新聞

旧函館支庁庁舎に「ジョリジェリ」入居へ まずは食から【函館】

 函館市西部地区再整備事業を担う第三セクター「はこだて西部まちづくRe―Design」(HWeR)は元町公園内の「旧北海道庁函館支庁庁舎」を活用して、市内の人気飲食店「ジョリージェリーフィッシュ」...

函館新聞

箱館五稜郭祭開幕/3年ぶり土方コンテスト、佐々木育恵さん悲願の優勝【函館】

 戊辰戦争の舞台となった五稜郭の歴史を後世に伝える「第53回箱館五稜郭祭」(協賛会主催)が21日、開幕した。新型コロナウイルス禍が続く中、今年は3年ぶりとなる通常規模での開催。初日は戦没者を供養...

苫小牧民報

山川農園 1粒なんと95グラム 巨大イチゴ収穫

まるでトマトのよう―。イチゴの収穫期を迎えた厚真町上厚真の山川農園で、巨大なイチゴがなった。幅7~8センチのサイズで、重さは通常をはるかに超える95グラム。関係者は「ここまで大きいのは見たことがない...

苫小牧民報

今月末で70年の歴史に幕 むかわの老舗シシャモ販売店 88歳店主鈴木さん

むかわ町花園で「鵡川ししゃも」を取り扱う水産加工品販売店「スズキ」が、31日をもって閉店する。全国のシシャモファンから親しまれてきた老舗だが、一代で店を築き上げてきた社長の鈴木譲さん(88)が腎臓...

十勝毎日新聞

ばんえい 空から観戦 ドローン撮影を実証実験【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)は20日、ドローンを活用したレース映像撮影の実証実験を行った。昨年12月に初回の実験を行い、今回は2回目となる。帯広競馬場で「楽天競馬」を運営する競馬モール株式会社と...