北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JR、コロナ前8割に回復 連休の交通機関活況【十勝】

 3年ぶりに行動規制のない状況で迎えたゴールデンウイーク(GW)期間中の各交通機関の利用状況(十勝関係分)がまとまった。各交通機関で昨年、一昨年よりも利用者が増加。一部交通機関では増便対応するなど、徐々に活気が戻ってきているようだ。

観光客でにぎわった道東道十勝平原サービスエリア

 JR北海道によると、札幌と帯広、釧路方面を結ぶ特急「とかち」「おおぞら」の南千歳-トマム間の輸送実績は、前年比190%の2万5200人、コロナ禍前の2018年比では84%にまで回復。JR帯広駅の石崎雅史駅長は「昨年に比べると利用者が増え、3~4日は混雑していた。観光シーズンを迎え、今後の利用増に期待したい」と話している。

 帯広-札幌間の都市間バス「ポテトライナー」(十勝バス、北海道拓殖バスなど5社共同運行)は、帯広発札幌行きが2535人で前年比で68.1%増、札幌発帯広行きが2455人で68.4%増となった。担当者は「すべての日で前年を上回り、ピークの5月5日は7台増便して対応した。コロナによる行動自粛が緩まり、ターミナル内もにぎわっていた」とする。

 ネクスコ東日本北海道支社によると、道東自動車道の十勝清水-トマム間の日平均交通量は前年比15%増の1万1500台、19年比で29%減だった。GW期間中、道東道で渋滞は発生しなかった。

 とかち帯広空港発着の帯広-東京(羽田)線は、日本航空(JAL)が前年比152.3%の1万4585人、搭乗率は45%(前年46.8%)。エア・ドゥは前年比220%の4523人、搭乗率は86.5%(前年49.2%)だった。

関連記事

函館新聞

旧函館支庁庁舎に「ジョリジェリ」入居へ まずは食から【函館】

 函館市西部地区再整備事業を担う第三セクター「はこだて西部まちづくRe―Design」(HWeR)は元町公園内の「旧北海道庁函館支庁庁舎」を活用して、市内の人気飲食店「ジョリージェリーフィッシュ」...

函館新聞

箱館五稜郭祭開幕/3年ぶり土方コンテスト、佐々木育恵さん悲願の優勝【函館】

 戊辰戦争の舞台となった五稜郭の歴史を後世に伝える「第53回箱館五稜郭祭」(協賛会主催)が21日、開幕した。新型コロナウイルス禍が続く中、今年は3年ぶりとなる通常規模での開催。初日は戦没者を供養...

苫小牧民報

山川農園 1粒なんと95グラム 巨大イチゴ収穫

まるでトマトのよう―。イチゴの収穫期を迎えた厚真町上厚真の山川農園で、巨大なイチゴがなった。幅7~8センチのサイズで、重さは通常をはるかに超える95グラム。関係者は「ここまで大きいのは見たことがない...

苫小牧民報

今月末で70年の歴史に幕 むかわの老舗シシャモ販売店 88歳店主鈴木さん

むかわ町花園で「鵡川ししゃも」を取り扱う水産加工品販売店「スズキ」が、31日をもって閉店する。全国のシシャモファンから親しまれてきた老舗だが、一代で店を築き上げてきた社長の鈴木譲さん(88)が腎臓...

十勝毎日新聞

ばんえい 空から観戦 ドローン撮影を実証実験【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)は20日、ドローンを活用したレース映像撮影の実証実験を行った。昨年12月に初回の実験を行い、今回は2回目となる。帯広競馬場で「楽天競馬」を運営する競馬モール株式会社と...