北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

シネマアイリスでインディペンデント映画祭 13日から【函館】

日本映画特集「インディペンデント映画祭」への来場を呼び掛ける菅原代表

 函館市民映画館シネマアイリスは13日から26日まで、「日本映画インディペンデント映画祭」と題して意欲的で良質な作品をスクリーンで応援する。地方ロケ作品や音楽ドキュメンタリーなど、選りすぐりの4本を順次上映する。

 「なん・なんだ」(山嵜晋平監督)=13~15日上映=は、元文部科学省官僚、寺脇研さんのプロデュース作品。妻が交通事故で昏睡状態になったことから明らかになった熟年夫婦のずれを描いた。下元史朗さん、烏丸せつこさんのダブル主演。

 「誰かの花」(奥田裕介監督)=16~18日上映=は、横浜市の映画館「シネマ・ジャック&ベティ」の30周年を記念して企画された映画館発信の作品。老いた父と亡き兄、家族をめぐる物語で、カトウシンスケさんが主演、吉行和子さん、高橋長英さんの2人の名優が脇を固める。

 「のさり島」(山本起也監督)=19~22日上映=は熊本県天草市で撮影された。山本監督は京都芸術大学映画学科教授で、同大学のプロジェクト「北白川派」による作品。寂れた商店街に流れ着いたオレオレ詐欺を働く若者を札幌出身の藤原季節さん、孫と思い込み同居する老女を20年に亡くなった原知佐子さんが演じた。

 「映画:フィッシュマンズ」=23~26日上映=は90年代に活躍したバンド・フィッシュマンズを追った172分のドキュメンタリー。メンバー脱退やボーカル佐藤伸治の死を乗り越え、佐藤の残した楽曲を演奏し続けるバンドの現在までを追った。上映リクエストも寄せられ、特集に加えた。

 菅原和博代表(66)は「どの映画もスクリーンで見てほしいという思いで作られている。興行的には厳しくても一人でも多くの人に見てもらいたい作品は多い。今後もこうした特集を続けたい」と話している。

 鑑賞料金はフィッシュマンズのみ2500円で、残る3本は一般1500円、学生1000円。上映時刻の問い合わせはアイリス(0138・31・6761)へ。

関連記事

函館新聞

旧函館支庁庁舎に「ジョリジェリ」入居へ まずは食から【函館】

 函館市西部地区再整備事業を担う第三セクター「はこだて西部まちづくRe―Design」(HWeR)は元町公園内の「旧北海道庁函館支庁庁舎」を活用して、市内の人気飲食店「ジョリージェリーフィッシュ」...

函館新聞

箱館五稜郭祭開幕/3年ぶり土方コンテスト、佐々木育恵さん悲願の優勝【函館】

 戊辰戦争の舞台となった五稜郭の歴史を後世に伝える「第53回箱館五稜郭祭」(協賛会主催)が21日、開幕した。新型コロナウイルス禍が続く中、今年は3年ぶりとなる通常規模での開催。初日は戦没者を供養...

苫小牧民報

山川農園 1粒なんと95グラム 巨大イチゴ収穫

まるでトマトのよう―。イチゴの収穫期を迎えた厚真町上厚真の山川農園で、巨大なイチゴがなった。幅7~8センチのサイズで、重さは通常をはるかに超える95グラム。関係者は「ここまで大きいのは見たことがない...

苫小牧民報

今月末で70年の歴史に幕 むかわの老舗シシャモ販売店 88歳店主鈴木さん

むかわ町花園で「鵡川ししゃも」を取り扱う水産加工品販売店「スズキ」が、31日をもって閉店する。全国のシシャモファンから親しまれてきた老舗だが、一代で店を築き上げてきた社長の鈴木譲さん(88)が腎臓...

十勝毎日新聞

ばんえい 空から観戦 ドローン撮影を実証実験【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)は20日、ドローンを活用したレース映像撮影の実証実験を行った。昨年12月に初回の実験を行い、今回は2回目となる。帯広競馬場で「楽天競馬」を運営する競馬モール株式会社と...