北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

恐竜ショップ ぽれぽーれ オリジナル商品など豊富 あすオープン  むかわ

むかわ町穂別地区で「民宿ポレポーレ」を経営する宮崎修さん(48)は14日、恐竜関連の商品を取り扱う「恐竜shop(ショップ)ぽれぽーれ」を民宿横にオープンさせる。昨年秋に閉店した町内商店の空き倉庫を活用した店で、市販品のほか、オリジナル商品を豊富に取りそろえ、カムイサウルス・ジャポニクス(通称むかわ竜)が発掘された「恐竜の町」をアピールする。宮崎さんは「恐竜好きが楽しめる場所にしたい」と地域を活気づける起爆剤となることに期待を抱く。

恐竜グッズの専門ショップをオープンさせる宮崎さん。「目標は道内で一番大きな恐竜ショップ」と意気込む

 倉庫はもともと、民宿の向かいにあるホームショップの資材物置として使われていたが、同商店が昨年秋に閉店したことで空いた。人口減少や胆振東部地震の影響などで落ち込む地域の現状を受け、「趣味の恐竜グッズ作りを生かし、(町内外の人々を楽しませることを)何かできないか」と模索していた宮崎さんは、倉庫を借りて恐竜ショップを開くことを決意。準備を進めてきた。

 ショップ内には、「民宿ポレポーレ」で扱ってきたむかわ竜のオリジナルの缶バッジや恐竜アクセサリーをはじめ、宮崎さんが全国各地に出向いて買い求めた縫いぐるみやフィギュア、さらに手作りの雑貨、食器など恐竜に関連した約1000点を用意。恐竜好きな子どもを持つ子育て世代をターゲットにしたかわいらしいキャラクター商品を中心に取りそろえた。また、Tシャツやトートバッグのオーダーもサイズなどに合わせて受け付ける。

 営業は水、土曜の午前11時から午後3時。オープン初日の14日はカステラや豚玉焼きそば、削りイチゴのキッチンカーも出店する。道内で恐竜グッズの専門店はほとんどなく、宮崎さんは「穂別は自分が生まれた思い入れのあるまち。日本を代表する恐竜化石を生かし、何とか地元に希望を広げていきたい」と笑顔を見せる。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...