北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ヤマメ釣りやハイキング楽しむ【平取】

【平取】振内自治会主催の「子どもの日親子ハイキング」が5日行われ、同地区の小中学生と関係者ら総勢40人が参加し、春の日差しを受けながらハイキングを楽しんだ。

 新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりの開催となった。例年、振内青少年会館から岩知志の釣り堀・仁世宇園(佐々憲一代表)まで歩き、ヤマメ釣りを楽しみ、釣ったヤマメをから揚げにしてもらい昼食となるが、釣り堀客も多いことから密を避けるため、いつもと逆のコースをとることとした。

 この日は気温も高く好天に恵まれ絶好の行楽日和。参加者はバスで同会館から仁世宇園へ行き、ヤマメ釣りを楽しんでからハイキングをスタートした。

 ハイキングは、仁世宇園を出発し、国道を通ると危険なため裏道約7㌔を歩き、振内鉄道公園を目指した。

 青空のもと、白いコブシやピンクの山桜が点在する野山を眺めながら、約2時間かけてのんびりと散策。新緑の山道で春の息吹を満喫した。

 仁世宇園では、子どもたちが楽しみにしていた釣りに挑戦。イカを小さく切った餌を付けてもらい、慎重に竿をおろすと次々に大物が銀鱗を躍らせ、周辺には歓声が広がった。釣り上げたヤマメは、歩いて目的地に着く間にから揚げに調理され、昼食時にみんなで美味しく味わった。

 振内小4年の冨田京君は「から揚げがうますぎ」と笑顔を見せ、「天気がよくて暑かったけど頑張った。足が疲れた」、同6年の川上りこさんは「すごく暑かった。豚汁、から揚げがとても美味しく、楽しい1日になった」と話した。

釣り上げたヤマメのから揚げを食べながら昼食

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...