北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

町政施行70周年を迎える【様似】

 開基220年となる様似町は本年度、町政施行70周年を迎えた。町では、70周年を記念して10月1日に様似町中央公民館で記念式典を執り行うほか、さまざまな事業やイベントの実施を企画し節目の年を祝う。

 様似町は、寛永12年(1635年)頃に海辺川の支流で採金が行われ集落が形成されたのが始まりといわれる。寛政11年(1799年)にエンルムにあった松前藩の油駒運上所が幕府支配のシャマニ会所に改められると、会所を中心として繁栄してきた。また、この年、初代シャマニ会所詰合の中村小市郎が、様似山道の工事責任者として山道開削を指揮し完成させた。享和2年(1802年)に蝦夷奉行の管下となり、この年を様似の開基とした。

 以来、水産業を中心として栄え、定着農業が始まったのは、明治18年(1885年)といわれている。明治39年(1906年)の二級町村制施行により八か村を大字として様似村が誕生した。この頃から多くの小学校が開校し、交通や通信体系が整備されるなど発展してきた。

 その後、開基150年を迎えた昭和27年(1952年)町制を施行し、本年まで70年のあゆみを進めてきた。

 町政施行までには、文化3年(1806年)幕府がオコタヌシ(栄町)に蝦夷三官寺のひとつ等澍院を建立、明治21年(1888年)公立様似簡易小学校解説、大正14年(1925年)浦河からの送電線が完成し278戸に電灯が点く、昭和12年(1937年)日高本線が様似駅まで開通、昭和20年(1945年)様似市街が大火で57戸焼失、昭和22年(1947年)公選による村長選挙執行、新法による村議会議員の選挙執行、様似中学校開講、昭和24年(1949年)浦河高等学校様似分校設置などの出来事があり、昭和27年(1952年)4月1日に町政施行。様似村を様似町に改称した。

 町では70周年を記念して今年度記念事業を企画している。主な事業としては、新様似町史第2巻発行、アポイ岳高山植物写真展及びアポイ岳保全再生パネル展、写真展開催、トンコリ演奏会、地域文化振興、町立様似図書館開館30周年記念事業、NHK公開番組「民謡をたずねて」公開録音、第50回アポイの火まつりなどを予定。

 このほかにも、町内各団体などの協力を得て、子どもや若者向けの事業を展開していく意向だ。

様似町町制施行70周年の懸垂幕が張られた様似町役場

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス