北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

元松前城資料館館長久保さんが松前藩士の名簿を増刷【松前】

「松前藩家臣名簿」を紹介する久保さん

 【松前】松前公園内の松前城資料館の元館長久保泰さん(75)は、松前藩の家臣5344人を掲載し自費出版した「松前藩家臣名簿」(A4判316ページ、5000円)を増刷する。家臣の子孫や歴史ファンの間で話題となり、200部を増やす。久保さんは「名簿をきっかけに、子孫同士で交流が生まれるとうれしい」と話している。

 久保さんは、松前町教委で遺跡発掘調査や文化財保護事業に携わり、退職後は松前城資料館館長として勤務した。同館や松前町郷土資料館では「松前藩家臣だった先祖の経歴を知りたい」と来館者が多かったが、廃藩置県時の混乱などから「家臣録」がなかったため、明確に答えることができなかったという。

 「そうした声に答えたかった」と退職後家臣名簿の作成を決意した久保さん。道内の資料館や個人宅に残る日誌や手紙など約150冊を収集し、同館が休館中の12~2月にかけて集中して編纂作業を行った。

 家臣一人づつ氏名・改名・階級・出生などを記したカードを作成。資料に登場する度に書き加えた。3代つづけて同じ名前や6つ名前があったりと「一筋縄ではいかなかった」と振り返る。収録した家臣は、足軽から家老まで5344人にもなった。検索しやすいように50音別に並べ、年代別に経歴をまとめ、出典も併記した。

 「予想以上の反響があった」と話す久保さん、初版の100部に加え、増刷を決めた。今後は「梁川移封以前の資料を集め内容を充実させたい」と意気込む。

 問い合わせは、三和印刷(函館市)、(0138・45・0845)

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス