北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

今年の順調な生産に期待【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協の選果場=静内木場町1=で静内産ミニトマト「太陽の瞳」の出荷が始まった。昨年の生産販売額は夏の猛暑の影響を受け、やや減少し8億4666万円(税込)となり、関係者は今年の順調な生産に期待をかけている。

 静内産ミニトマトは農産物の主力品目。栽培農家は糖度が高い高品質の「キャロル10」に品種を統一し、道内でもトップクラスの販売額。

 今年は、48戸の農家が前年よりやや減少した約30・2㌶に作付け、出荷額を9億1500万円に設定している。選果場での出荷は4月21日から稼働を始め、出荷量はまだ少量でこれから徐々に本格化する見込みだ。

 同農協によると、4月は天候も順調で5月に入り晴天が続き、出荷できるミニトマトは大きめに育ち、現段階では例年並みになってきたという。

 市場価格は、札幌で1㌔600円~650円で取り引きされている。現在は地元や道内向けに、6月からは首都圏や中部・関西方面への出荷が始まる。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策で選果時は、コンベアの中心にビニールシートを設置。学校やレストランでの需要は戻りつつあり、外出自粛で店頭販売の需要が伸びているためほとんど影響はないという。

 選果ラインの稼働は、初夏と秋にピーク(6月下旬から7月上旬と9月下旬から10月上旬)となり、40人以上の作業員が選果や箱詰めに入り、選果作業は11月中旬まで続く予定。

 同農協では2022年度の農業振興計画(5カ年)でミニトマトの生産額10億円を目標に今年の2組の新規就農者を含め、拡大・増産に向けた対策などに取り組む方針だ。

ミニトマト「太陽の瞳」の出荷が始まったJAしずない選果場=16日午前9時=

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス