北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道南に訪日誘客を 韓国料理店経営の申さんが観光ツアー企画中【函館】

道南観光のツアーを提案する「HiCo」を立ち上げた申さん

 韓国高陽(コヤン)市出身で、函館市松風町で韓国料理店を営む申東煥(シン・ドウファン)さん(50)は、新型コロナウイルス収束後のアフターコロナに向け、道南観光のツアーを提案する新事業「函館観光ツアーHiCo(ヒコ)」を立ち上げた。韓国人旅行客をメインターゲットに、申さんが函館在住25年の経験を生かしてガイドを務め、道南の魅力を国内外の旅行客に発信する。

 申さんは1996年、日本語学校入学のため初来日。その後、北大大学院水産科学研究院に進学し、博士号を取得。同大の研究員を務める傍ら、国際交流発展や韓国への情報発信にも尽力。2020年には函館・大門地区に本場の韓国料理を提供する「立ち飲みヒンナ」を開業した。

 観光ツアーの新事業は、コロナの影響で減少したインバウンド(外国人訪日客)を中心とした観光客を再び増やそうと企画。今年1月に自身が代表を務め、飲食業と旅行業を運営する「株式会社函館研究所」を設立し、同3月には道の地域限定旅行業者の登録を道南で初めて行うなど準備を進めてきた。

 ツアープランはインバウンド向けの長期滞在型旅行と地元客向けの地域新発見ツアーの2種類。長期滞在型では函館山、恵山、駒ケ岳(七飯、鹿部)、石別(北斗)の4基点を中心に癒やし、食、体験が楽しめるプランを想定。「韓国では登山やハイキングが人気で、道南は身近に自然があるのが良さ。短期ではなく、何日かに分けてゆっくり地域を周遊してもらいたい」と申さん。地域新発見ツアーでは、地元の人も知らない地域の魅力を伝えるガイドを計画中だ。

 いずれも本格始動に向けて、各地の宿泊施設や飲食店などと調整を進めており、長期滞在型は来年度、地域新発見ツアーは早ければ今年度のスタートを目指している。申さんは「地域の良さを生かし、とにかく道南に滞在してもらい、地域経済を回すことが狙い。コロナ禍だからこそ準備を進め、インバウンドが来られるまで体制を整えたい」と意気込んでいる。HiCoのホームページは二次元コードを参照。

HiCoのホームページの二次元コード

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス