北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

自由気まま リヤカー旅 元校長の中泉さん ギター相棒に道内各地巡る

元小学校の校長で苫小牧市川沿町に住む中泉盛行さん(72)が、リヤカーを引っ張りながら各地を巡る旅に挑んでいる。立ち寄った先々でギターを奏でて自作の歌を披露する活動も。3月には妻貞子さん(68)と共に徒歩で各地を訪ねる旅を終えており、「今回もいろんな人との出会いが楽しみ」と張り切る。

とまこまい海の駅ほっき館に立ち寄り、ギターを手に歌声を響かせる中泉さん=今月9日

 旅は4月上旬に始めた。寝泊まり用のテント道具やギターなどを詰め込んだリヤカーを引っ張り、道内各所を巡っている。今月9日には出発地の苫小牧市にいったん戻り、とまこまい海の駅ほっき館(市汐見町)前でオリジナル曲の弾き語りを披露した。

 歩くルートは気が向くまま。17日は北広島市に滞在した。本州方面にも足を延ばしたい考えだ。

 中泉さんは新ひだか町出身。北海道教育大学函館校を卒業後、小学校教員になり、苫小牧東小や錦岡小などでも教壇に立った。「自分自身をより成長させる機会がほしい」と、2007年3月、浦河町野深小の校長だった57歳のときに早期退職。イベントなどを企画・運営する「さくらぎ笑楽好(しょうがっこう)」を苫小牧市内で主宰した。

 たくさんの人に会ってみたいと、11年6月、夫婦で北海道の沿岸(延長2300キロ)を歩く旅を開始した。毎年約300キロのコースを決め、20日ほどかけて歩く断続的な旅を繰り返し、18年11月に道内一周を達成した。19年5月からは道外へ。本州や九州、四国を歩いて巡り、3月に夫婦の徒歩旅行を終えた。中泉さんは「奇跡のような景色、人との素晴らしい出会いを経験した」と振り返る。

 70歳過ぎても冒険心を失わない。今回は一人旅。「どんな人に会えるだろうか。前回の旅で知り合った人とも再会したい」と胸をわくわくさせながら、きょうもリヤカーと一緒に歩き続けている。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス