北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

丸豊遠藤工業、新人女性左官職人採用【函館】

遠藤直樹社長(左)と正司会長(右)の指導を受け、新人左官職人としての一歩をスタートした落合さん

 函館市高丘町の左官業、丸豊遠藤工業(遠藤直樹社長)に4月、森町出身で森高校を卒業したばかりの落合沙耶さん(18)が入社した。同社が女性職人を採用するのは初めてで、遠藤正司会長(75)の直接指導を受けて職人としての姿勢や技術を学んでいる。

 同社は直樹社長(44)の祖父が室蘭で左官業を始め、父の正司会長が1977年に函館で設立。一般住宅から公共工事まで幅広い現場での仕事を手掛けている。若手の育成も業界発展に不可欠だと考え、数年前から積極採用に向けて道南各地の高校を回っているが「建設関係の求人は最初に見てもらえない」ことや左官業自体の認知不足も課題にあり、新卒者の採用は進んでいなかったという。

 落合さんは高2の時に塗装業の仕事に触れたことがあり、「接客業よりも一つのことを真っ直ぐにできる職人の仕事が自分に向いていると思った」と話す。同社が昨年、各学校に配布した直樹社長が事業内容を説明する動画を事前に見たことも、落合さんが応募を決めた理由になったという。

 4月から3カ月間は研修期間として、職人としての基礎的な技術を学ぶ。左手にはモルタルを載せるとずっしりとした重さになるこて台を持ち、右手で左官こてを扱う。必要な分量のモルタルをこてに載せたり、厚さが均等になるよう塗りつけるには、力の入れ方や手首の返し、動かし方など技術が必要になる。こての扱い方をひたすら繰り返すことから始め、全身が筋肉痛になった日もあったという。

 正司会長は「なかなか器用で『出来るか』と聞けば『やれます』と言ってくるので前向きで頼もしい」と期待する。落合さんは「会長にこうやるんだよと教えられて(言われていることは)分かっているけれどできない。でも、うまくなってやろうと無になってやってます」と話す。日々上達している実感はあるが「毎回、納得はしていません」と向上心は強い。

 今後、建設現場での作業に必要となる資格習得にも取り組んでもらい、職人としての成長を一歩ずつ支える。直樹社長は「左官の仕事はなくならないが、若い人が入ってこなくては廃れていってしまう。5年、10年と経験を積んで、職長を担う人になってくれるとうれしい」と話している。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス