北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「第二青函トンネル構想」シンポジウム 道経連主催【函館】

「第二青函トンネル構想」実現に向け講演を通じ機運醸成を図ったシンポジウム

 北海道経済連合会(道経連、真弓明彦会長)主催のシンポジウム「津軽海峡経済圏を創る第二青函トンネル構想」が18日、函館国際ホテルで開かれ、青函物流の効率化を目指す課題解決に向けて有識者らが議論を交わした。

 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)、道商工会議所連合会との共催で、函館では初開催。会場参加のほか、オンラインでも配信し、官庁、経済、企業関係者など合わせて約350人が参加。冒頭、真弓会長は「トンネル建設に向けては国の財政負担軽減のため、民間資金を活用した手法も合わせ検討してきた。意義を理解し、一層の尽力を賜りたい」とあいさつ。

 基調講演したJAPIC国土・未来プロジェクト研究会委員で、戸田建設(東京)常務執行役員の神尾哲也氏は、日本は食料・エネルギーの大部分を輸入に依存していることに触れ「食料自給率向上には道内農業のポテンシャルを生かせるよう、本州への物流コストを縮減すべく、津軽海峡を道路でつなぐことが必要」と提言。

 現行の青函トンネルを新幹線専用とし、自動車道路と鉄道貨物を併用した「津軽海峡トンネル」の計画を示し、開通で新幹線の高速化が可能となるほか、大型車の物流コストが年間314億円削減できることや、物流増加で交流人口・観光の消費が増え、年間878億円の経済効果が生まれることなどメリットを挙げ、「青函圏に新たなインフラ交通が生まれ、相互が連携した観光事業の展開が望める。道内の成長が日本の成長に寄与することが期待される」とまとめた。

 このほか、講演やパネルディスカッションを行い、第二青函トンネル構想への理解を深め、実現に向けて機運醸成を図った。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス