北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

高級レストラン展開「ひらまつ」8月に十勝フェア【京都】

 全国で高級レストランなどを展開する「ひらまつ」(本社東京)は、京都府内の4店で十勝産食材を使ったフェアを8月に企画している。メニューに使用する食材は市町村名や生産者名まで表記する予定で、食の宝庫・十勝をPRする絶好の機会になりそうだ。

十勝産食材でフェアを企画する(左から)山田総支配人と高増料理長

 ひらまつは、10都道府県で高級レストランなど32店を運営。札幌市内の「オーベルジュ・ド・リル・サッポロ」もグループ店。十勝フェアは2015年に東京都内の1店で実施したことはあるが、複数店の同時企画は初めてという。

 今回のフェアを推進しているのは実施店の一つ、「レストランひらまつ 高台寺」(京都)の山田登喜雄総支配人。函館市出身で3年前まで札幌のオーベルジュ-の総支配人を務めていた。親交があった宮坂建設工業(帯広)の宮坂寿文社長に相談、生産者の紹介などを受けた。

 食材の提供を受けるのは現時点で折笠農場(幕別)や十勝しんむら牧場(上士幌)、尾藤農産(芽室)が決定。その他の農場などの食材も現在調整中で、各店の料理人が工夫を凝らした異なる4種のコース料理の提供に向け、メニュー開発を進めている。

 16~18日に、山田総支配人と「高台寺 十牛庵」の高増伸哉料理長が来勝し、生産者視察などを行った。山田総支配人は「十勝の自然風土は食材作りにとても適している。有名な食材に限らず、おいしいものを探したい」と話す。高増料理長は「生産者のこだわり食材は流通量が少ないことが多く、そうした食材を扱えることが料理人としてうれしい」とメニューの考案に意欲を見せた。

関連記事

十勝毎日新聞

“スタミナギフト”「肉丼」開発 物産協会と東洋食肉販売【帯広】

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

十勝毎日新聞

旭山学園自慢の十割そば 17日そば店開店【清水】

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

十勝毎日新聞

無農薬ワイン 今年も完成 「赤」2種新登場 あいざわ農園【帯広】

 あいざわ農園合同会社(帯広市以平町西9線21、相澤一郎代表)は、自社農園で無農薬栽培した2021年産ブドウを使って自家醸造したワインをこのほど完成させた。今年は新たに赤ワイン2種が加わり、ロゼワ...

十勝毎日新聞

最高賞に白樺ジンギスカン 創業65年の味 評価に喜び【帯広】

 味付け羊肉の需要拡大を目的とした初の「味付ジンギスカングランプリ」で、最高賞のグランプリに有限会社白樺(帯広市)の「白樺ジンギスカン」が選ばれた。全国から集まった68商品からの選出に、同社の酒井...

十勝毎日新聞

レトルトカレー 全国の50種並ぶ 宮脇書店で「ミュージアム」【帯広】

 50種類を超えるレトルトカレーを集めた「RETORT CURRY MUSEUM(レトルトカレーミュージアム)」が、市内のイトーヨーカドー帯広店2階の宮脇書店帯広店内で開催されている。本に形が似...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス