北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

地域で子育て見守りへ 市、支援講座の利用呼び掛け 町内会やサークルなどに出張

苫小牧市は市民向けに考案した「地域で見守る子育て支援講座」の積極的な受講を呼び掛けている。市内の児童虐待の実態や市が行っている支援策を解説するほか、地域ぐるみで親子を見守ることの大切さを伝える内容で、町内会やサークル、企業、市民グループの会合などに市こども相談課の担当職員が出向く。今月、民間企業の従業員を対象に初めて実施した。

初めて実施された地域で見守る子育て支援講座

 講座は1時間。昨年1月施行の「市子どもを虐待から守る条例」の概要をはじめ、児童虐待の実態や具体例、虐待が疑われる場面に遭遇した際の相談先などを解説する。「母親の怒鳴り声が聞こえる」「玄関先に子どもが1人でずっと座り込んでいる」など気になる様子を見聞きした市民が相談することで、困っている親子の支援につなげられるといった、地域による見守りの意義についても伝える。

 受講者は、子育て中の親や養育の仕事に携わる人に限らず、あらゆる立場の市民を想定している。11日には初めて、市営住宅の管理業務を手掛けるMMS・ニシムラグループ共同企業体の従業員を対象に、市こども相談センターで開講。市営住宅の管理人を務める人など9人が受講した。

 担当職員は、ネグレクト(養育怠慢)が疑われるケースとして、家の中が不用品であふれている「ごみ屋敷」状態の事例を紹介。受講者は「住宅管理業務の中で、同じようなケースに出合うことも少なくない」と述べ、その際の対応方法を質問。同職員は「何気ない感じで『困っていることはないか』と保護者に寄り添いながら、市につないでもらえれば」と答えた。

 受講した従業員の1人は「これまで、困っている親子を見過ごしてきたこともあったと思う。視点を変えると困り事に気付けることが分かったので、とてもためになった」と話した。

 市は同条例の施行以降、子どもや子育て家庭が孤立しない地域づくりに力を入れ、今年2月に支援講座のプログラムを完成させた。5人以上の集まりであれば、どこでも出向くほか、オンラインでの実施にも対応する。同課の齋藤健巳課長は「ふれあいサロンなど地域の集まりでも気軽に呼んでもらい、地域ぐるみで子育てを応援する意識を広げていきたい」と語る。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス