北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

永年勤続優良従業員25人を表彰【新ひだか】

開会であいさつする河原会長

【新ひだか】町商工会(河原秀幸会長、660人)の令和4年度通常総代会が17日、町公民館で開かれ、本年度事業計画など提出議案8件を承認。総会後、永年勤続優良従業員25人を表彰した。

 同会は、小規模事業者の課題を自らの課題として捉え、着実なフォローアップを行う伴走型の経営支援を推進する「経営発達支援計画」を策定し、計画の着実な実行に取り組んできた。事業の実施にあたり、事業計画策定後の支援、地域経済動向の調査、経営状況の分析、需要動向調査など幅広い支援活動を展開。さらに、新型コロナウイルス感染症対策事業として「会員応援商品券3000円分」を発行してきた。

 河原会長は「コロナ関連における融資や給付金、補助金などの申請のサポートを積極的に実施してきた。伴走型の経営発達支援計画も2期3年目となり、引き続き各種セミナーや専門家派遣、展示会や商談会への支援を展開し、会員ニーズに応えられる体制づくりを目指したい。地域の活性化は簡単に実現できるものではない。必ず来るコロナ禍の転換期を見据えて、関係機関と連携を強化しながら、地域として避けられない課題に積極的に組んでいきたい」とあいさつした。来賓として大野克之町長と福嶋尚人町議会議長が出席。代表して大野町長が祝辞を述べた。

 本年度は小規模事業者の支援体制をさらに強化し、2期3年目となる「経営発達支援計画」を着実に推進する重点事業は①会員への情報提供力向上②経営発達支援③経営改善普及事業の推進―を挙げた。

 永年勤続優良従業員表彰の受賞者は次の通り。制度施行推進で、年数以上の勤続者も対象。

 ◇永年勤続優良従業員表彰 

 ▽15年勤続 半澤豊(環境整備公社・勤続25年)、富川直也(同・20年)、川村僚(同・15年)、落合健一(同・同)、入井慎司(北海道ホースフィード・20年)、稲垣健一(同・同)、海島勇人(出口組・19年)、観堂裕一(同・18年)、小笠原裕輔(同・同)、長尾茂(同・同)、池田未生(青葉保育園・15年)、長沼明美(伊藤通信電設・同)

 ▽10年勤続 斉藤ゆき(和風パブ和貴・10年)、館山一樹(環境整備公社・同)

 ▽5年勤続 大関貴志(髙野林業・6年)、谷あづさ(しずない介護サービス・5年)、古道和江(同・同)、新井田麗子(同・同)、中村亜沙美(延出保育所・同)、髙田美里(青葉保育園・同)、平賀真理子(同・同)、土井麻美(同・同)、有田千亜紀(日高砂利企業組合・同)、菊池直人(北海道ホースフィード・同)、佐藤忍(同・同)

15年勤続優良従業員表彰を受ける受賞者(右)

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス