北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

今月末で70年の歴史に幕 むかわの老舗シシャモ販売店 88歳店主鈴木さん

むかわ町花園で「鵡川ししゃも」を取り扱う水産加工品販売店「スズキ」が、31日をもって閉店する。全国のシシャモファンから親しまれてきた老舗だが、一代で店を築き上げてきた社長の鈴木譲さん(88)が腎臓の病気を患い、約70年の歴史に幕を下ろすことを決めた。「お客さんがついて来てくれたから続けてこられた」と感謝の思いを語る。

今月末で約70年の歴史に幕を下ろすスズキ。「まだ元気だったら続けていた」とほほ笑む鈴木社長

 スズキは、約70年前に創業。町特産の鵡川ししゃもを全国各地に届け、「カツオしょうゆ」などを店のブランド商品として販売。町内でシャッターを下ろす店が一つ、また一つと出てくる中、外壁で「日本一話我侭(わがまま)な店」とうたい、自信とこだわりの商品を提供することが口コミで各地に広がり、多くの客に支持されてきた。

 2018年9月に発生した胆振東部地震では冷蔵庫が倒れて使えなくなり、シシャモが傷むなどの損害を被ったが、それでも3日後に営業を再開。ほぼ休むことなく「無我夢中」で営業を続けてきた。東京都内の明治神宮で開かれる秋の例大祭にも同店のシシャモを41年間送り続けている。

 しかし、1年ほど前から自身の体調不良で、通院を断続的に繰り返していた。店は開けてきたが、家族への負担を考慮し、閉店という苦渋の決断をした。「病気で医者から『店を続けるのは難しい』と言われた時にはガクンときた。ただ、やめる時はいつか来る、と納得させようとはしていた」と言う。「閉めるのはもったいないけれど、これだけの店にしたから」と胸を張り、全国各地のリピーターから次々に寄せられる「やめないで」の声に「うれしくなるね」と頬を緩める。

 店自体は閉めることになるが、鈴木さんが社長を務めてきた有限会社丸ススズキの経営は今後、町内でタイ焼き店を営む工藤弘さん(69)が譲り受け、スズキで販売していたしょうゆなどを取り扱うという。

 「商売は良い時ばかりでないから大変だったが、好きだった。元気だったら続けていた」と長い年月をしみじみ振り返る鈴木さん。「きちんとしたものを出せば、お客さんがお客さんを紹介してくれた。いいお客さんを持っていた」と表情を和らげた。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス