北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

表彰状を手にする渡利さん

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で受賞者代表の謝辞を述べた。「今後も切手文化の向上に努め、心豊かな社会の創造に貢献していきたい」としている。

 同協会は国内最大級の郵趣組織。渡利さんは14歳から切手を収集。1997年には、収集家仲間とともに当時休眠状態だった函館支部を再興し、以来25年間、支部長を務めている。

 2010年に函館で開催した同協会全国大会を主管。全国各地の会員らが参加し、切手展や切手のオークション、シンポジウムなどを企画した。「県庁所在地以外での開催は異例だった。本部の要請に応え準備運営に当たった。会場の確保、参加者の宿泊先の調整など大変だったが、良い経験になった」と懐かしむ。

 支部の会報は一度も休まず306号まで発行。昨年は地域交流まちづくりセンターで函館支部として「切手発行150年記念趣味の切手展」を開催。渡利さん自身も自宅近くの郵便局で所有切手の展示会を長年続けてきた。

 「希少価値の高い特殊な切手や消印収集など郵趣は人それぞれに楽しみ方がある。深く調べることで学校では習わないような歴史を知ることができ、それが魅力。切手文化を次の世代へ継承していきたい」と意欲を新たにする。

 同支部は毎月1回、市総合福祉センターで例会を開いており、新規会員を募集中。問い合わせは渡利さん(0138・51・5890)へ。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス