北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビング)」を、市内西16北1にオープンする。自社商品の開発・販売に加え、スタジオ機能を持たせ、ライブコマース(商品販売配信)などオンラインと融合したビジネスも推進していく。

本質を追究した北海道のこだわり商品のアンテナショップ「スロウリビング」

 スロウは「北海道の足元の豊かさに光をあてる」などを編集理念に2004年、同社の出版レーベル・クナウマガジンが発行。これまでも発掘した生産者や作家などの商品を通販やイベントなどで発信してきた。

 店内で取り扱う作家、生産者は約140軒(うち十勝は26軒)で委託販売方式。陶器など一点ものが多く、土日は全道のパンを週替わりで販売する。月替わりで企画展も開催。チーズやジャムなどもそろえる。

 店舗の場所は本社東側、元機械会社跡の自社物件。鉄骨造り平屋で面積は約138平方メートル。今年に入り工事費約1500万円をかけ改装した。

 店内には加工設備も併設し、第1弾の自社開発商品がスコーン。メモノートなどの紙雑貨も製作、今後はプライベートブランドも新設する計画。大型モニターを設置し、スタジオとしてリアル・オンラインそれぞれの事業拠点としていく。

 27~29日は開店記念イベントとして、先着100人にミニスコーンや高原社長プロデュースの水出しコーヒーなどを贈呈する。スロウ編集部の猿渡亜美課長は「雑誌スロウの世界観を体現するリアルメディア。今後も取扱商品を増やしていく」としている。午前10時~午後6時、火・水曜定休。電話080・9614・8303。

関連記事

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス