北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

オレンジ色に輝く100万粒 サケの採卵始まる-苫小牧

オレンジ色に輝くサケの卵を取り出す漁業関係者=27日午前8時ごろ

 苫小牧漁業協同組合の錦多峰さけ・ますふ化場(前川孝場長)は27日、ふ化事業でサケから採卵する作業を始めた。苫小牧の錦多峰川下流域に仕掛けた「うらい」で捕獲した雌500匹からオレンジ色に輝く100万粒の卵を手際よく取り出し、人工授精を行った。

 漁業者ら約20人がふ化場に集まり、午前7時から作業を開始。場内の採卵室で雌の腹部を切り、卵を採取し人工受精。受精卵は白老町竹浦の敷生さけ・ますふ化場へトラックで運び、発眼(黒い目が目視できる状態)するまで保管。その後、錦多峰ふ化場へ戻し、ふ化した稚魚を育てて来年4月以降、川に放流する。

 苫小牧漁協のふ化事業は、胆振管内さけ・ます増殖事業協会(白老町竹浦)の委託を受けて毎年実施している。今期の目標採卵数は400万粒で、11月末までに残り300万粒分のサケをうらいで捕獲する。採卵は計4回を予定している。前川場長は「まずはしっかり採卵できた。今後も順調に作業を進めたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス