北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

富川高で1日防災学校【日高】

【日高】富川高校(藤島尚子校長、生徒75人)の「1日防災学校」が1日、同校で行われ、生徒たちが避難訓練と避難所運営を模擬体験し、防災意識を高めた。

 火災や地震など災害発生時における避難行動や通報方法を確認するとともに、災害意識の高揚を図る目的。同校は災害時の避難場所にもなっており、高校生が即戦力になることから、役場担当課の協力を得て避難所運営を模擬体験した。

 この日は、「地震が起き、調理実習室より出火」の想定。雨天のため屋外は避け体育館に避難。全校生徒が2分57秒で避難を終えた。

 避難完了後は、消防署の富野春樹署員は「災害はいつ起きるか予測がつかない。自分はどうすべきかを考えいつでも行動できるようにすることが大切」と講評した。

 この後、田中達也消防署員の説明で火災時の煙について学習。煙は①縦に広がる②人が駆け足するほどの速さで広がる―などの説明を聞いた。

 避難所運営模擬体験では、町総務課情報防災グループの藤田裕太上席主事から、町民に配布されている「防災ガイドマップ」に従って大切な命を守るために必要なことの説明を受けた。①自分一人で被災した時、家族と出会える場所をあらかじめ決めておく②防災無線が聞こえない時でも携帯のQRコードを活用すると情報を得れる③ハザードマップで土砂災害を把握する―など学習。

 最後に「ダンボールベッドづくり」・「間仕切りの組み立て(プライベートルーム)」を行い、保存水の試飲、非常食を試食した。

 3年の植松駿さんは「煙体験は初めてのことで、何も見えなく恐ろしかったが体験出来て良かった。有毒な煙の時は下を這うように体を低くして逃げることが大切だとわかった」、2年の佐藤拓翔さんは「結構簡単にダンボールベッドを作れた。初めて体験したが強度もあり安心した。プライべートルーム作りで屋根の骨組みをセットするのが手間がかかり、人手が必要なことも理解した」とそれぞれ話した。

ダンボールベッド作りを体験する生徒たち

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...