北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

創立150周年記念運動会【新ひだか】

【新ひだか】管内で最も児童数の多い高静小(鈴木晋作校長、児童507人)で創立150周年記念の運動会が4日、同校グラウンドで開かれ、児童たちは元気いっぱいに走り、個人と団体種目で競い合った。

 2020年と21年は、体育の授業で学年ごと参観日を設け練習した「表現」を披露していたが、今年は3年ぶりに運動会を開催。参観者の人数制限は設けなかったが、感染症対策で飲食は中止し、さらに時間を短縮して午前中の日程で行われた。

 この日は、晴天に恵まれ、前日から教員らがグラウンド整備を行い、PTAの役員らは朝早くから準備し開催に至った。今年のスローガンは「希望のバトンをつなぎ 勝利を目ざせ!!」。

 放送委員の中村楓真君(6年)と本多奏空君(同)が「創立150周年記念、高静小学校の大運動会をはじめます」と開会の言葉。鈴木校長は「3年ぶりの開催です。今日は日頃の練習の成果を発揮して、仲間と力を合わせ最後まで力いっぱい頑張りましょう」と激励した。

 種目は3年生の団体競技「34(サーティフォー)アイスクリーム」からスタート。「ダンシング大玉ころがし」(4年)、「全員リレー タイムを縮めろ!」(5年)、「つなげ!最後まで!仲間との絆のバトンを!!」(6年)、「旗取りリレー」(3年)。個人競技は1年生の「60㍍走」と2年生の「80㍍走」。表現は1年生の「Mela!」から、「GOOD LUCKY!!(グッキー!)」(2年)、「集団行動2022~心を1つに5・6年の絆~」(5・6年)などで、紅・白・青の3組に分かれた児童たちは熱戦を展開しながら父母らの声援を背に、団結力と練習の成果を発揮した。

60㍍走を全力で走る1年生

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...