北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館港まつり3年ぶり開催へ 規模縮小、いか踊り中止【函館】

3年ぶりに開かれる「ワッショイはこだて大門コース」(2019年8月、当時のコースで)

 函館港まつり実行委員会(森健二会長)は7日、今年の「開港163周年記念函館港まつり」について、期間を1日短縮して8月1~4日に行うと発表した。新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりの開催。パレードの「ワッショイはこだて」は大門コースのみとしルートを短縮、三密対策で函館いか踊りと歩行者天国は中止する。同実行委は「できる限りのコロナ対策を講じて安心安全な祭りにしたい」と話している。

 同日に市内で開かれた実行委で開催と実施内容を決めた。

 8月1日は第67回道新花火大会(雨天中止は4日に順延)を行う。2日はワッショイはこだての大門コース(同3日に順延)で、時間を午後5時から同8時とし、パレードコースを1・4キロから700メートルに短縮して実施。1部の函館港おどり、2部のサマーカーニバルのみで、子供いか踊りと3部の函館いか踊りは三密対策で中止する。1~4日は、はこだてグリーンプラザに露店83店が並ぶ予定。以前の開催からは出店数を減らす。

 同実行委によると、ワッショイはこだてについては企業などに参加動向を知るためのアンケート調査を実施したといい、例年は2日間で約2万人が参加するが、大幅に参加人数が減少する見込みとなったことと、西部地区で始まった祭りということを総合して、千代台・五稜郭コースを取りやめて大門コースのみとした。「ソーシャルディスタンスや大声を出さないなどを守ってもらい、マスクは着用する方向でワッショイはこだてを進める方針」とする。6月中旬にも参加者の募集を始める予定。

 港まつりは1935(昭和10)年に始まり、太平洋戦争で43(同18)~45(同20)年は取りやめ、コロナ禍で20年、21年も2年連続で中止となった。

 1981年の初披露以来、パレードに欠かせない名物となっている「函館いか踊り」。普及に努める函館いか踊り実行委の吉川久康委員長は「港まつりが再開することはうれしいが、いか踊りが中止になったことは残念。来年こそはみんなで楽しく踊ることができることを心から願いたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...