北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

今年はのんびり街中歩いて 19日に3年ぶり「オビヒロホコテン」【帯広】

3年ぶりの開催となるホコテンへの思いを語る金澤さん

 西2条通(平原通)を中心とした帯広市中心部のイベント「オビヒロホコテン」が19日、2019年以来3年ぶりに再開する。開催準備に忙しい帯広まちなか歩行者天国実行委員会事務局長の金澤和彦さんに、開催の経緯やイベントの意義などを聞いた。

 -3年ぶりの開催にこぎ着けた経緯を。
 新型コロナウイルスの新規感染者や重症者が減り、感染防止対策も市民全体に浸透している。出展者、来場者それぞれが十分な対策を心掛けて参加してもらえる環境が整ったと判断できた。コロナ禍で静まりかえった街中に、にぎわいを取り戻したいと思い、開催に踏み切った。

 -コロナ対策など過去のホコテンと違いは。
 「乗り物」の集合など、例年人気だった特集は、来場者の集中を避けるため取りやめた。特定のテーマは設けず、各出展者が任意で出展してもらう。大きなにぎわいではなく、のんびりとした雰囲気で街中を散策し楽しんでもらいたい。

 -ホコテン開催の意義は。
 コロナ禍で街中の人出はめっきり減り、店の人たちは大変な思いをした。その人たちのためにも、街に人を取り戻す取り組みが必要。ホコテンを開催し「街中を歩く楽しさ」、「車を気にせず歩ける伸び伸びさ」を味わってもらい、街中のリピーターを獲得したい。

 -来場者に伝えたいことは。
 コロナの感染防止対策が何よりも重要。体調管理に気を付け、マスクをして手指消毒に協力してほしい。その上でホコテンを楽しんでほしい。ホコテンの基本理念は地域コミュニティーの再生。人と人とのつながりを実感してもらえるとうれしい。

 ◇ ◇ ◇

 第1週となる19日は、午前11時からミカバトンクラブ約80人によるパフォーマンスが行われ、同11時半にくす玉を割り開会を宣言する。各会場では、パフォーマーRUIによるマジックやバルーンアートなどの演技、自衛隊による車両の展示、ディノスパーク帯広によるUFOキャッチャーカーなど14種類のイベントが開催される。

関連記事

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

十勝毎日新聞

青空に35チーム競技飛行 北海道バルーンフェスティバル 【上士幌】

 上士幌町航空公園で開かれている「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)は2日目の13日、競技飛行を行った。初日とは打って変わって澄み切った青空が広がり、全国か...

十勝毎日新聞

恒例盆おどりや太鼓、140年企画も 平原まつり14日開幕【帯広】

 「第75回おびひろ平原まつり」(帯広のまつり推進委員会)が14、15の両日、市内の平原通を中心に開かれる。市民が待ちわびた3年ぶりの開催。盆おどりや太鼓演奏など恒例の催しから、帯広市開拓140年...

十勝毎日新聞

ママチャリ42台 6時間耐久【更別】

 「全日本ママチャリ耐久レース」(実行委員会主催)が11日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。道内中心の42チームが6時間の耐久レース完走を目指して汗を流した。  同レースは毎年行われる恒...