北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

五島軒がパン製造を新規展開 オーブンなど設備投資【函館】

パンの製造を始める五島軒の若山社長(右)と石塚啓介工場長。工場改築、オーブン導入など準備が進む。

 函館の老舗レストラン、五島軒(末広町、若山豪社長)は7月、パン製造の新事業を始める。北斗市内の工場にパン製造部門を増築し、オーブンなど調理設備も導入した。1879(明治12)年に「ロシア料理とパンの店」として創業した原点に立ち返り、さらに市民に愛される店を目指す考えだ。

 同店の創業は、長崎・五島列島出身の五島英吉と、埼玉出身の若山惣太郎の出会いに始まる。旧幕府軍として箱館戦争に参加した五島は敗戦後、ロシア正教のハリストス正教会にかくまわれ、教会で働きながらロシア料理を会得した。一方、米問屋の長男に生まれた若山は米相場で失敗し、再起を期すため78(明治11)年に函館へ。若山はパン製造を手掛け、五島の協力を得て「五島軒」を開業した。

 パン事業は、創業140年余という歴史のストーリーを生かし、新型コロナウイルスの影響で減少した宴会業の売り上げを補填する狙いもある。若山社長(39)は「結婚式など多くの宴会の利用があったが、20年ほど前から減少傾向。コロナが拍車をかけ利用は激減した」とする。

 事業は国の事業再構築補助金を活用して昨年から計画。総事業費は約1億3000万円。北斗市追分3のカレー・洋菓子工場を改築し、蒸気で水分量をコントロールし、しっとりと焼き上げる高性能のオーブンも導入した。

 7月7日から食パンとカレーパンの製造を開始し、本店や直営店などで販売する。生地には道産小麦ゆめちからを使い、カレーパンのフィリングは店で提供するカレー同様、自家製ブイヨンをベースとし、五島軒こだわりの味に仕上げた。

 パンは同店ECサイトでも販売予定。若山社長は「レトルトのスープやポタージュはインターネット販売もあるので、パンとともに家庭で五島軒の味を楽しんでほしい」とPRする。

 工場内には製造工程を小中学生などに公開する見学コースも整備し「製造業の仕事を知ってもらい、子どもたちの食育にも寄与していきたい」と説明。「パン事業を市民とさらに向き合った店づくりを進めるチャンネルにしていきたい。より気軽に五島軒の味に触れてもらえるよう取り組んでいきたい」と力を込める。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス