北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ガーデンフェスタ25日開幕 苫小牧も協賛会場 約40イベント展開

花と緑をテーマにした国内最大級のイベント「第39回全国都市緑化北海道フェア」(ガーデンフェスタ北海道2022)が25日、恵庭市の「花の拠点はなふる」を主会場に開幕する。苫小牧市も道内32カ所の協賛会場の一つで、7月24日までの期間中、「感じるガーデン」をテーマに約40のイベントを繰り広げる。

サンガーデンの準備を急ぐスタッフら

 フェアは公益財団法人都市緑化機構などの主催。道内では1986年以来36年ぶりの開催で、期間中約30万人の来場を見込む。苫小牧実行委員会(委員長・板谷良久市議会議長)は、末広町の出光カルチャーパークとサンガーデンを拠点に、土日を中心にさまざまなイベントを展開する。詳細は専用ホームページ(HP)や同ガーデン内の掲示板で紹介している。

 25日午前9時から同パーク内で行うオープニングセレモニーでは、板谷委員長と岩倉博文市長が市内自生のハスカップとヤチヤナギの挿し木を行い、勇払千人隊芸能保存会による太鼓演奏も予定している。来場者への花の苗プレゼント(先着400人)のほか、午後1時半からは苫小牧ゆかりの木々で好みの香水を作る無料講座も同ガーデンで開催する。

 26日と7月3、10、17日は無料の自然観察バスツアーを実施。同ガーデン東側入り口で当日午前8時半から参加を受け付ける。ウトナイ湖や沼ノ端拓勇樹林などを巡り、出光興産北海道製油所敷地内でハスカップの摘み取りも楽しめる。

 このほか道内の在来樹木で作った楽器のコンサートや木工芸体験教室など多彩な企画が目白押し。同ガーデンには特別な花木も飾り、平日は団体対象のガイドも予約制で受け付ける。

 また、JR苫小牧駅前広場や市道駅前本通沿いなどに約350基のプランターを並べ、市中央図書館や市美術博物館との連動企画も予定している。ノーザンホースパークK'sガーデン(美沢)とイコロの森(植苗)も協賛会場となっており、内容は専用HPで。

 岩倉市長は「緑の価値を見直すきっかけになれば。多くの皆さん、特に子どもたちに参加してほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは緑地公園課 電話0144(32)6507。平日のガイド希望はサンガーデン 電話0144(33)4411。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス