北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

早咲きのバラ 庭園彩る イコロの森 冬季の施設倒壊乗り越え

苫小牧市植苗の観光庭園「イコロの森」(工藤敏博代表)内のローズガーデンでは、早咲きのバラが園内に彩りを添えている。今年1月の大雪で栽培施設が倒壊するなど大打撃を受けたが、バラの生育は順調。ガーデナーの工藤代表は「例年、ピークは7月上旬から。今年は他地域と同様、開花が早まるかもしれない」と話す。

早咲きのバラがちらほらと咲くイコロの森のローズガーデンと工藤代表

 木々に囲まれた約2000平方メートルにハマナス系を中心とした約200種、計400株のバラが植栽されたローズガーデン。本道のバラ育成の第一人者である工藤代表は冬の寒さや火山灰で地力の弱い土地柄を考慮し、「苫小牧に合った、自然の樹形を尊重した庭造りを目指している」と言う。

 今年1月の大雪の影響で、苗を栽培するビニールハウスが倒壊した他、バラを絡ませ、立体的に見せる棚「パーゴラ」の一部が崩れ、バラの枝折れも目立った。一方、「雪に覆われたおかげで動物の食害がほどんどなく、保温効果も高まるなど思いがけない好影響があった」と語る。

 今月中旬以降、同ガーデン入り口付近では高さ2メートルほどのハイブリッドルゴサが幾つもの赤紫の花を咲かせ、バラの原種の一つ、サンショウバラの高さ約5メートルの木にもピンク色の花が付き始めた。

 赤、白、黄色など多彩な色や大きさのバラは今後1カ月ほどで咲き誇る見通し。工藤代表は「曇り空や雨の日もバラの鮮やかな色合いがより強く感じられるので、鑑賞を勧めたい」とアピールしている。

 ローズガーデンは、イコロの森の有料エリア内にある。入園料は大人(中学生以上)800円、シニア(65歳以上)400円で子ども(小学生以下)は無料。午前9時~午後5時。

 問い合わせはイコロの森 電話0144(52)1562。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス