北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ホクレン家畜市場新築 国内最大規模 現施設南に移転【音更】

ホクレン十勝地区家畜市場の移転が計画されている音更町音更西2線の農地

 ホクレンは、音更町音更西2線で運営している十勝地区家畜市場の移転新築を計画している。現在の建物は築三十数年たって老朽化しており、増加する市場の取引頭数に応じた規模に施設を拡充させる。近くの農地約9ヘクタールを取得し、2025年度の開業を予定。国内で最大規模の家畜市場になる見通しだ。

 現施設は、道東自動車道音更帯広インターチェンジ(IC)の北側にあり、十勝農協連の家畜共進会場「アグリアリーナ」が隣接している。移転先は同ICの南側で、パドックや牛舎、事務所などを新築し、堆肥舎などの施設も整備する。駐車場や通路の面積に4.6ヘクタールを確保。現在は農地として使っているが既に転用許可は下りており、早ければ今秋に土地の造成に入り、来年度に建築工事に着手する。事業費は約90億円。

 同市場では現在、乳牛と肉牛、馬の市場取引を行っている。全国から生産者らが買い付けに訪れ21年度の取引頭数は合計7万頭、取扱高は374億円に達する。道内7カ所あるホクレンの家畜市場では最も取扱高が多い。

 取引頭数の増加に伴い、1986年開業の施設は手狭になっていた。ホクレンでは、現施設も一部は活用しながら、市場規模の拡大に合わせて建て直すことにした。

 ホクレンは、規模や投資額は計画段階とし、「収容能力がオーバーになっており新規の建て替えを考えている。今は1000頭の受け入れだが、今後も増えていくので2800頭ぐらいまで預かれるようにしたい」(経営企画部)としている。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス