北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ビッグレッドファーム明和見学【新冠】

【新冠】浦河町の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修40期生が17日、競走馬の生産・育成を行っているビッグレッドファーム明和(岡田紘和社長)を見学した。

 研修は軽種馬生産基盤の強化と軽種馬の資質向上に向けて、将来軽種馬生産地において技術的中核となるべき人材に馬に関する体系的な技術・知識を習得させることを目的に1年間のカリキュラムで行われている。見学は実際に牧場の現場を知り卒業後の進路選択の参考とする目的で毎年行っている。

 ビッグレッドファームは、新冠、新ひだか両町に6カ所、茨城に1カ所の7カ所に牧場を構え、スタリオン(種牡馬)業務をはじめ、繁殖、育成、調教と競走馬の管理全般を行っている。明和には、1100㍍の屋根付き坂路や9基のウォ―キングマシン、1200㍍のトラックコースなどの設備があり、ホッカイドウ競馬の認定厩舎としても本格的なトレーニングを実施している。BTC卒業生から毎年数人が同牧場に入社している。

 この日は、BTC業務部教育課の教育係を務める山岸昌昭さんと同係の楫川徳都(かじかわ・やすのり)さんの2人が引率し、今年入校した40期生25人が牧場を訪れた。

 同牧場の長田基洋場長が案内と解説を務めた。坂路調教の見学では、今年4月にBTCから入社した2人の先輩が騎乗する姿も見れた。この後、場内の厩舎やトラックコースなどを見学した。

 また、今回は特別に現役時代GⅠを6勝し、2016年から同牧場で種牡馬として活躍中のゴールドシップが披露され、研修生と一緒に記念撮影。 

   長田場長は「馬が好きでBTCに入校した人たちだと思うので、辛いことがあっても馬の仕事がしたいという気持ちを忘れず自信をもてば、この先仕事に就いたときも長く続けられる」とエールを送った。

 東京都から入校した南谷成貴(みなみや・なりたか)さん(25)は「競走馬に携わりたくてBTCに入校。卒業後の目標は、生産から繁殖、育成、調教そして老後までを仕事として学びたい」と話していた。

 この後、静内御園のフジワラファームと新冠のコスモヴューファーム2カ所の牧場見学で1日目が終了。研修は、この日と21日の2日間で行われた。

先輩の騎乗(右)に注目する研修生(左)

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス