北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

渡島5町の首長が函館市のキングサーモン養殖視察【函館】

サーモン養殖について意見交換を行う6市町の首長

 トラウトサーモンをはじめとした水産資源の養殖事業に取り組んでいる渡島管内5町(八雲、木古内、知内、森、鹿部)の首長が22日、函館市国際水産・海洋総合研究センター(弁天町)を訪れ、函館市が昨年度から取り組むキングサーモンの完全養殖事業研究の様子を視察した。函館市の工藤寿樹市長は「今後も養殖事業について定期的に情報交換することで、互いに研究の質を高めていきたい」と話していた。

 訪れたのは岩村克詔・八雲町長、鈴木慎也・木古内町長、西山和夫・知内町長、岡嶋康輔・森町長、盛田昌彦・鹿部町長。

 道南地域では八雲町がいち早く、2019年からトラウトサーモンの養殖事業に取り組み「北海道二海サーモン」のブランド名で事業化を目指している。今回は、岩村町長から工藤市長に「キングサーモンの研究状況を参考にしたい」と話があり、興味を持つ他町にも声をかけ実現した。

 この日は研究の進行状況について、同センターの担当職員が11月からサクラマスの幼魚を使った海面養殖試験に取り掛かる計画を説明。60匹以上の天然キングサーモンを捕獲済みで、北大が養殖した人工キングサーモンとの交配により種苗生産技術の研究を進めるとした。

 水槽で飼育されている稚魚の様子などを確認。工藤市長は「基幹産業である漁業における漁獲量減少は道南全体の問題。各自治体が育てる漁業へ独自の取り組みをする一方で、互いに有益な情報を共有することも重要。今後もこのような機会を増やしたい」と話していた。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス